2009年4月30日木曜日

HED Ardennes weelset

時々、製品はそれが透明になるようによいです。確実にその機能を実行する際に、ドライブの後、乗ってください、ユーザーに対する過度の要求をすることなく、それはそれ自体に注意をひくためにその不本意なことを除けば気づかれずにbackground-へと消えて行きます。プロスタイルのグラフィックス、創造的なスポークレース、宇宙時代材料とunsustainablyに小さい重さで彼ら自身に注意をひく製品でいっぱいのカテゴリーにおいて、HEDのアルデンヌwheelsetは、ちょうどそのような馬車馬です。



美しいミネソタに拠点を置いて、HEDbicycle市場の多くを作る空気力学的で合成非現実的なアイデアのかなりの責任を負います。会社のアイコンH3三スポーク車輪は利用できる(その導入の後のほぼ20年)最も空気力学的な車輪のうちの1つのままです、そして、その深いセクションカーボンをfairedされた縁は長い間時間予選参加者の後で捜されました。私は目録で26in炭素繊維をfairedされた下り坂MountainBike縁を持った店で働いたのさえ憶えています。そして、スポーツのものからの残りが高速です。そして、皮膚が神風日をスーツ着ます。しばらくして同じようにfairedされた深いセクションwheelsetの上で、しかし、私にはその後任のなんらかの明らかに異なる必要条件がありました。



レーサーでなくて、私はレースwheelsetを探していませんでした。実際、私はwonder-に、レースのみのwheelsetの使用であることを持ちます?確かで、私はハイエンドのキットが高価でありえる、そして、人々が彼らの良いものを調子が良くしておきたいと思います、しかし、私は私のビッグデーを私が中で日を頼ることができないギアに賭けるのに苦労します。そして、外へ日が乗る。私が欲しかったものは、よく乗った、かなり軽量、かなり空気力学的なwheelsetで、砂漠の激しい横風を取り扱うことができて、耐久性があるだけでなく、それが変わったレースだけでなく週末クラブドライブもと日刊紙が変えるのを見る私の唯一のwheelsetとしても、簡単にserviceable-です。わずか145lgで、私はあまり頑丈な何も必要としませんでした、しかし、私がフェアをからかうことができると思いたい私はよりしなやかな構成要素から屈曲の噛んだので、noodlyな車輪は同様に問題外でした。いくつかの自転車店とライダーと話して、少数のデモwheelsetsをためした後に、私はHEDに呼び出しを与えることに決めました。

2009年4月27日月曜日

SHIMANO WH-RS80

これはお得なホイールです

SHIMANO WH-7850 C24に使われているアルミ・カーボンコンポジットの超軽量なリムに

ULTEGRAクラスのハブの組み合わせで
コストパフォーマンス最高です

hillclimbに向いています


2009年4月21日火曜日

Rotor Q-Ring Cervelo TestTeam bicycle


ほとんどその発明以来、賢い(そして、よりそうでない)個人は、人に知られている輸送で最も効率的な形を改善するために見ていました。いくつかが技術的にドライブされる(より軽い、より固い、より強いフレームと構成要素、より効率的なシールとベアリング)間、他は人体が自転車と相互に作用する方向で効率を捜しました。不快な(しかし、スマートに角ばった)椅子に座った誰でも証言することができて、人体は線と円のような単純なジオメトリーに抵抗する傾向があります。従来のBicycleのエレガントな単純さの多くが丸いチューブ、まっすぐなスポークと車輪とまっすぐなスポークのような単純なジオメトリーとフレーム要素から来る間、デザイナーがより関係する材料と軍隊について学んで、これらの要素はこれまでにより複雑なジオメトリーに進化します。適例:chainringしているROTORQ-Ring



スペインの会社Rotorは、賢く複雑なcranksetがそれが最も強い(crankarmsが席チューブに対してざっと垂直なとき)ライダーの足のない力を提供して、前の運動の方へ貢献することが最少のものを持つ『不活発な点』を過ぎてそれの速度を上げるように設計された、数年前に、自転車市場に来ました。残念なことに、よくあることだが。そして、重く翻訳されてここで賢くて、高価です。高いコスト($500+ cranksetsが当り前になる前に、これはそうでした)と重さにもかかわらず、ほとんどライダーが採用しなかったフェアRS4、そして、認められた利益だけでなく減らされた時間も主張して、そして、疲労と乳酸増強を減らします(より面白いことに)。彼らの複雑な(そして、醜くて、それに向かいましょう)cranksetが広範囲にわたり受け入れられそうになかったと理解して、Rotorは彼らのQ-Ringになることの研究を開始しました。



わずかに押しつぶされた様子のリング(私のケースで34t)変人が席チューブに対して垂直なとき変人が席チューブとわずかにより長い効果的半径と平行のとき、より小半径(チェーンを引いているレバーアーム)を持ちます。移行はなめらかです。そして、非常に足脳卒中を通して力を置く彼らの能力における変化のようです。ちょうどchainringsで、Q-RingsRS4として他と比較して1フィートの位置を変えることができません。彼らはして、しかし足に彼らがそれを使うことができるより多くの力を与えて、彼らがそうすることができない所で、ものをより簡単にします。[注:これは、SHIMANOの非常に嘲笑されたBiopace chainringsがそうしたものの正反対です]利益?どちらがずっと人気のある(少なくとも広告において)大学によって後退するか、全くの疲労と乳酸増強、増加した累乗とより幸せなknees-の要求された縮小が、勉強します。私は今年InterbikeRotor USAから人々に出会って、彼らの姿勢においてsinglespeedされたMountainBikeに気がつきました。私が彼らの製品に気づく間、私の仮定はそれでした1非ラウンド、『それが回転したので、リングはたるみを始めるためにDeraillrueなしで動きません。RotorQ-Ringsが彼らの回転を通して効果的Chain長を変える間、それが人が予想するかもしれないより少ないもののそばにあった、そして、チェーンがライダーが力を置くことができなくて、起伏の多い地形(地面と直角をなすcrankarmsで)の上にめったに下っていない点に最ものろいことがわかります。私が会社の主張についてであったのと同じくらい知りたがる、取るに足らない、原価をchainringすることにつき95ドルは、少なくともしばらく私にidea-を思いとどまらせました。



この12月、Oldの2月の24のHoursのための私のトレーニングで私と同様に行っていないプエブロ語が期待したこと(それは、そうしますか?)、私は私自身がQ-Ringが私のためにすることができたことを怪しんでいるのに気づきました。長いドライブで、乳酸レベルの9.1%の縮小のように、確かな電力出力の要求された4.1%の増加は、よく聞こえました。私は、歯を食いしばって、Rotorに呼び出しを与えることに決めました。2、3日以内に、コロラドスプリングスからのパッケージは、私のドアステップに着陸して、うまく機械加工されて軽量chainringを明らかにするために開けられました。多くのSiamesedボルト孔で。Rotorの指示としての総合中等学校がそうだったので、彼らは私に少し混乱させました(セッティングがそうする「短距離選手によりよい」平均は、すでに短距離選手であったそれらか短距離選手になるのを期待している人々によりよいですか?)、そして、私はその中央の位置(それゆえに、5つのsets-のうち、ボルトの多数は、ホールに入れます)で私の一つの速度に道路コンパクト中央のリング(110bcd)に上がることを決心しました、そして、ものを与えます行きます。



自転車で、Q-Ringは、奇妙であると感じました。その素晴らしい(丸い)固定ギアは、回転を誘発しました?忘れてください。Q-Ringで、ライダーの足はトップと脳卒中の底で速まって(丸い『リングと比較して)、その半ばに減速します。Q-Ringとこぐことが最初は波立っていて奇妙であると感じる間、私は2、3のドライブの範囲内で調節して、それに注意しなくしておきます-、丸いchainrings.の上に数週間後にQ-Ringに戻ります彼らの中央の位置でQ-Ringに乗っているおよそ12時間後に、彼らは必要以上に奇妙で難しいと感じました。Rotorの推薦に関して、私は私が慣れていたのと同じchainringしているサイズを購入しました、そして、ダウンストロークに関する減らされた力はそれを私があまりに高いギアを押していたように感じさせました。一度(または二度)再び、私は指示で座りました。そして、Q-Ringある点をそのわずかに遅れる#4位置の方へ動かすことに決めました。自転車で後ろに、違いはすぐに明らかでした。足脳卒中で下って少し更なる最も低い力点を動かすことによって、それは私が少しよりよくギアの上にいることができるように感じました(多分、もう少し勢いをもたらしている私の足で?)、そして、私は私の購入について非常に気分がよくし始めました。さらなる努力なしで、非丸いリングは、私が私の足がより強かった、そして、私が確かに1、2の歯がより速いと感じた36x19(29erの上で)を効果的に押していることを意味しました。よりよくさえ、私は私がより速く回復しているように感じました。もちろん、これは私が圧縮旅行ソックスをはくか、これまでによりよく食べる結果でもありえました、しかし、私が実は、私が特に難しいドライブの後、日にどれくらい気分がよいかについてショックを受けたときもあった。私も、難しいドライブ終了後劇的であるようにその変化がちょっとおかしかったけれどもexpected-より元気であると感じました。



レースはどうですか?私の計画(レースを知っているあなたのそれらのために)は、特に夜に、我々に各々の少しおいしい食べ物と回復時間を与えて、私のデュオパートナーと、倍のひざを交替させることになっていました。デュオとしてうまくやった他の人と話して、これが最高の戦略であるならば、私にはわかりません、しかし、我々はそれに試みを与えました。これまでの場合のように、私は最初であるか2番目に倍のひざの後でより簡単な34x20に34x19とスワップアウトから始める予定でした。私の最初の二塁打の後、気分がよくて、私は次の30マイルより高いギアを保つことを選びました。これは、私の間違いでした。首尾よく疾走するよりはむしろ、私はそれができなかった足でまた高いギアをつぶして終わりました。その結果、私の後半はそれがbeen-を持つことができたということでありませんでした、しかし、それははるかにより悪くありえました。


RotorQ-Ringsは、約束通り配達しますか?それは、言うのが難しいです。一つの速度の上で、私は私が私のものが好きであると言わなければなりません。一つの構成要素は言うまでもなく一つのfactor-にその人のパフォーマンスの変化をたどるのは難しいように多くの変数が、MountainBikeRace(特に持久力イベント)にあります。Q-Ringsの利点が大部分は難しいドライブの後、必要な回復時間を短くする際にあるように、それは私のuncalibratedされた足に感じます。私は、確かに、ちょうど収益がちょうどそんなによりよく私には思われるweightを保存するために同じことを費やす前に、Q-Ringの方へ95ドルを置きました。Cerveloの新しい「TestTeam」による2009年度のQ-Ringの養子縁組は、私の勘に頼った評価にわずかな重さを添えます。最も、除外されて犠牲にされて、私はQ-Rings-をためさない取扱いまたは耐久性を危険にさらすことがない少しの理由も見つけることができません。そして、それは多くの他の『アップグレードより前に彼らを置きます。』、Forは特に競争的クラスのそれらです、トップ10のフィニッシャーがきつく間隔をあけられる所で、投資はそれの価値があるでしょう。私は、確かに私自身が近いうちに私のものをとっているのを見ません。

2009年4月14日火曜日

SHIMANO ULTEGRA 6700 Debut Bicycle,Components


ULTEGRAから150gの軽量化を果たした新しいDura-Ace7900 componentからの詳細の下の主演している多くの滴りで、SHIMANOUltegra 6600SL版に代わるすべて新しいUltegra 6700を公開しました

変化は、ハイエンドのBicycleセクターにmid-でUltegraの人気を続けるセットに見えます。すべての変化の観察は、詳細にここにあります。9月にあとに続いているCompact版と車輪で、Ultegra Doubleの有効性は、7月の予定です。


Chainset -6700
両方の二重で、3倍で、コンパクトな変形のChainset Available、新しいchainsetは、最初が新しいDura-Aceの上で特徴とした中身のない外のchainringを採用します。Hollowglide技術、SHIMANO呼び出しとして、それは「重さを保存して、重い荷の下に動いている最適力の移動とさらに改善された正面のために堅さを増やす」といわれています。そして、それはみんなが捜す何かです...

SHIMANOは、chainringsと鎖の間の干渉について心配しなければならないことなくカセット全体でギアのより幅広い範囲を許して、chainringsの間で鎖クリアランスも増やしました。目標重量は、785g(53-39T、統合したBottom Bracketによる170mm)です。


Dual Control Levers ST-6700
おそらく、最も大きいものは変わります、そして、大部分の人々がすぐに気がつくものは完全に改造されたレバーです。また、chainの様に、彼らは重くDura-Aceから借りて、複合レバーの刃を持っていて、バーテープの下に運ぶケーブルルーティングを修正しました。彼らは、より小さな手とバー曲がり角の広い各種取り合わせを収める範囲調整メカニズムを特徴とします。

特にフードに乗るとき、ブレーキレバー要点は改善された変調と力の移動のためにライダーとより親しくて再配置されました。PFTEは、パフォーマンスを移している内部のケーブルエイズスーパー明りをおおいました。目標重量は、1一組につき445gです。


RearDerailleur RD-6700
Derailleurs RD-6700は、2つのバージョンで利用できます:SS(短いおりで)とGS(中程度のおりで - 3倍のchainsetの用途に)。短いおり版は、16Tの最大表の差と33Tの全体の収容力で改善された、より広いギア比を持ちます。これは、それが28T、最大限のSHIMANOコンパクトなcrankset(50-34T)とカセットスプロケットと互換性を持つことを意味します。GS版(3倍のcranksetの用途に)は、目標重量を190gに下げるのを助ける余分の堅さと複合プレート本体のために広い外の関連設計を特徴とします。

2つの表のディレーラオプションがあります:DoubleとCompact cranksetsのためのFD-6700とTriple cranksetsのためのFD-6703。彼らは、余分の堅さと改善されたチェーンガイド設計のために2つのピボットとの広い内部の関連を特徴とします。新しい正面のディレーラは、10%春の緊張を減らすことのおかげのシフトとよりスムーズな変動する脳卒中の下でライターを提供します。目標重量は、89g(Braze-on)です。


Brakes BR-6700
Dual-Pivotキャリパーブレーキが新しい複合ブレーキシューを特徴とするブレーキは、Dura-Aceの上で始まりました。彼らは、湿った状況でかなり制動パフォーマンスを向上させると言われています。カリパスは、さらなる線形反応の強化されたブレーキアーチ要点場所(Dura-ACE 7900で見つかって)を持っています。

新しいカリパス建設は改善されたケーブルルーティング(特に傾斜したフレームで)を確実にして、ケーブル摩擦を減らしました。そして、たいへんな感じと変調を確実にしました。ライダーは、感じと力に対する特恵のためにバネ緊張調整装置を使っているカリパスで春の緊張をカスタマイズすることもできます。目標重量は、1セットにつき317gです。

Cassette CS-6700
カセットThereは、すべて新しいカセットです。Hyperglide 10-速度カセットは、組合せの広いバリエーションで利用できます:11-23T、12-23T、12-25T、11-25T、そして、11-28T。Target重量は、208g(11-23T)です。


Chain CN-6700
Dura-Aceとともに7900にはチェーン吸い込みを減らして、変動するパフォーマンスを向上させるという方向計画があるように、新しいチェーンを鎖でつないでください。外のプレートはchainsetの上で変動するランプと一体化するように設計されています、そして、内部のプレートはカセットの上で変動するランプと一体化します。チェーンの効率も、ギア歯で接触域を増やすことによって改善されました。このチェーン機能は、重さを267gに下げるのを助けるプレートに穴をあけました。


Wheels WH-6700
wheelsetがハブを持っている車輪は、残りの新しい構成要素の色にマッチします。wheelsetは、チューブのない道と互換性を持つ決め手です。

彼らは、後部で正面と20で16のまっすぐな、ブレードされた、ステンレス鋼のスポークで作られます。8、9と10速カセットスプロケットと互換性を持つ鋼のfreehub体が、あります。重さは、セット(695gの正面、957gの後部)のための1652gです。

別々のHubは、高品質密封およびカップと円錐ベアリングを特徴として利用できます。彼らは鋼のfreehub体で発育して、8、9と10速カセットと互換性を持ちます。前部ハブの重さは、156gと後部のfreehub FH-6700です:354g.


Pedals PD-6700
PD-6700がペダルを踏むペダルは、新しい構成要素にマッチしている色で利用できます。重量:1一組につき317g。構造的に、違いが既存のPD6620デザインにありません。

2009年4月12日日曜日

SHIMANO_DURA-ACE_7900 & Campagnolo_SuperRecord


SHIMANOcampagnoloの最も目立つ違いは、レバー形状です。

11sは、持ちますよりそれゆえに、それにルック&フィール。乗っている標準的なフードは同じことを感知します、しかし、「フードの上で」乗ることは11が輝くところです。それは、この位置でときより安定して快適な雰囲気を提供する人さし指と親指の間であなたの手の部分に対する支持をします。

さらに、ブレーキレバーは旧型より長く、そして、異なる引き量を持ちます。これは持つ手が同じ手位置のための10速レバーよりわずかに低いバーの位置に置くことになります。
より良い制動を考慮に入れるため、レバーを操作することはいつでも「フードの上で」出来ます。
私がまだ進行中のこのグループw/out厚いロバ手袋に乗らなかった点に留意する必要があるので、私がこれ(私は通常すべてでw/out手袋に乗ります、しかし、とても寒かったです)の全てに対する全く正確な感じがあるというわけではありません。


私が話すことができる限り、RDFDはかなりほぼ同じです。彼らは、偉大になります。私は私がリングが動いてより速く新しいすべてであるFDとチェーンを読んだのを憶えていると思います、しかし、私は話すことができません;常に異様なかなりすごく前金で速い、とても全くシフト。
私は、変速に作用する滑車を得るために、campagnolo_Recordに賛成してChorusの後ろ変速機を外しました。それは~$60(卸売り)でした。
そして、あなたはそんなに単独で倍の後変速機を買うことができないので、私はそれがそれの価値があると考えました。私は全部のドライブトレーンがよりなめらかであることが当然かどうか、わかりません。


しかし、私は私が漕ぐことの下で変速機のなめらかさを感じることができると『思います』。おそらくでなく、しかし、それは目立つようです。
Chorus(これは、RecordまたはSuper Recordにとって真実でないかもしれません)の上で、変動する行動は、10sより柔らかい感覚です。それは、下端グループの上に1または2年前持ち出されて動いている『脱出』としての光でなく、私が慣れていて、好むより小さいスケールです。一旦私が常にその自転車に乗るならば、私はそれに慣れます。


しかし、私がくだらない天気によりまばらにそれに乗っているとき、それは目立つ違いです。
私には、新しいものについて2つの公式不満があります。


第1の不満は、シフトケーブルルーティングです。シフターに会っている住宅から作製されるバーテープの下で、「ふくらみ」を取り出すために、Campyはケーブルルートが住宅にギアユニットをつくる方法を変えました。それがテープ(記録のために、私は決して本当に、小さいものはいずれにしろどれをふくらませるように注意しませんでしたか)の下で継ぎ目のない移行をする間、ケーブルはシフター体のほぼ90度、角を作らなければなりません。挿入物がこの曲がり角が活動をなめらかにするために起こるシフターにあります、しかし、ケーブルを設置することは難しいです。私は、きちんと(ケーブルがきちんとより適当なことばであるかもしれないことを上手に扱います)ケーブルを送るために、頭部の平らな宝石商サイズのネジ回しを使わなければなりませんでした。私がわかることができる限り、このケーブルを送る他のいかなる方法もありません。ちょうどギアユニットに、シフター体を通して、そして、住宅にそれを押す日々は、今のところ終わっています。


私の第2の不満は、チェーンインストールです。それが本当にクールなシステムで、それが非常に効果的に働くように思われる間、それは高くつきます。簡単に言えば、チェーンは長いピン付シマノチェーンが打ち切られてそれから終わりまで供給したピンをインストールします、しかし、類似点はそこで止まります。それが弱い「ピンでとめられた関連で強さを加えるために打ち切られた所で、Campy鎖はそれから金槌の頭で打たれます。」、ある人は言いました、これは良いシステムで、意味をなします、しかし、こうする市場に出ている1つのツールが存在します。それはCampyによって作られて、140ドル卸売りします。間違って私をしません、それはそうです美しい手製のイタリアツールで、あなた以外が11spd鎖w/outをインストールすることそれ、そして、それ140ドルです!そして、どちらが1対のイタリアの悪徳握りであったかは彼らにはあったものである古いツールのようでありません、このツールは必要です。



全般的に見て、私はそれに高いマークを与えます。私は、それには10spdより良い若干の特性があって、進化であると思います。
私はDuraエース7900と対照的にでも、違いがより微妙であると思います。そして、それは私の考えでは7800以上の大きな改善です。
それはそれの上の私の取得です。流れに伴って、今のおよび変化w/時代に生きてください。
誰ででも、11速すぐに十分です(私は、最初に『ジャンプをする』Sram、そしてSramの後、年に続くシマノを予測します。

2009年4月11日土曜日

SHIMANO ULTEGRA 6700 Debut Bicycle,Components


ULTEGRAから150gの軽量化を果たした新しいDura-Ace7900 componentからの詳細の下の主演している多くの滴りで、SHIMANOUltegra 6600SL版に代わるすべて新しいUltegra 6700を公開しました

変化は、ハイエンドのBicycleセクターにmid-でUltegraの人気を続けるセットに見えます。すべての変化の観察は、詳細にここにあります。9月にあとに続いているCompact版と車輪で、Ultegra Doubleの有効性は、7月の予定です。


Chainset -6700
両方の二重で、3倍で、コンパクトな変形のChainset Available、新しいchainsetは、最初が新しいDura-Aceの上で特徴とした中身のない外のchainringを採用します。Hollowglide技術、SHIMANO呼び出しとして、それは「重さを保存して、重い荷の下に動いている最適力の移動とさらに改善された正面のために堅さを増やす」といわれています。そして、それはみんなが捜す何かです...

SHIMANOは、chainringsと鎖の間の干渉について心配しなければならないことなくカセット全体でギアのより幅広い範囲を許して、chainringsの間で鎖クリアランスも増やしました。目標重量は、785g(53-39T、統合したBottom Bracketによる170mm)です。


Dual Control Levers ST-6700
おそらく、最も大きいものは変わります、そして、大部分の人々がすぐに気がつくものは完全に改造されたレバーです。また、chainの様に、彼らは重くDura-Aceから借りて、複合レバーの刃を持っていて、バーテープの下に運ぶケーブルルーティングを修正しました。彼らは、より小さな手とバー曲がり角の広い各種取り合わせを収める範囲調整メカニズムを特徴とします。

特にフードに乗るとき、ブレーキレバー要点は改善された変調と力の移動のためにライダーとより親しくて再配置されました。PFTEは、パフォーマンスを移している内部のケーブルエイズスーパー明りをおおいました。目標重量は、1一組につき445gです。


RearDerailleur RD-6700
Derailleurs RD-6700は、2つのバージョンで利用できます:SS(短いおりで)とGS(中程度のおりで - 3倍のchainsetの用途に)。短いおり版は、16Tの最大表の差と33Tの全体の収容力で改善された、より広いギア比を持ちます。これは、それが28T、最大限のSHIMANOコンパクトなcrankset(50-34T)とカセットスプロケットと互換性を持つことを意味します。GS版(3倍のcranksetの用途に)は、目標重量を190gに下げるのを助ける余分の堅さと複合プレート本体のために広い外の関連設計を特徴とします。

2つの表のディレーラオプションがあります:DoubleとCompact cranksetsのためのFD-6700とTriple cranksetsのためのFD-6703。彼らは、余分の堅さと改善されたチェーンガイド設計のために2つのピボットとの広い内部の関連を特徴とします。新しい正面のディレーラは、10%春の緊張を減らすことのおかげのシフトとよりスムーズな変動する脳卒中の下でライターを提供します。目標重量は、89g(Braze-on)です。


Brakes BR-6700
Dual-Pivotキャリパーブレーキが新しい複合ブレーキシューを特徴とするブレーキは、Dura-Aceの上で始まりました。彼らは、湿った状況でかなり制動パフォーマンスを向上させると言われています。カリパスは、さらなる線形反応の強化されたブレーキアーチ要点場所(Dura-ACE 7900で見つかって)を持っています。

新しいカリパス建設は改善されたケーブルルーティング(特に傾斜したフレームで)を確実にして、ケーブル摩擦を減らしました。そして、たいへんな感じと変調を確実にしました。ライダーは、感じと力に対する特恵のためにバネ緊張調整装置を使っているカリパスで春の緊張をカスタマイズすることもできます。目標重量は、1セットにつき317gです。

Cassette CS-6700
カセットThereは、すべて新しいカセットです。Hyperglide 10-速度カセットは、組合せの広いバリエーションで利用できます:11-23T、12-23T、12-25T、11-25T、そして、11-28T。Target重量は、208g(11-23T)です。


Chain CN-6700
Dura-Aceとともに7900にはチェーン吸い込みを減らして、変動するパフォーマンスを向上させるという方向計画があるように、新しいチェーンを鎖でつないでください。外のプレートはchainsetの上で変動するランプと一体化するように設計されています、そして、内部のプレートはカセットの上で変動するランプと一体化します。チェーンの効率も、ギア歯で接触域を増やすことによって改善されました。このチェーン機能は、重さを267gに下げるのを助けるプレートに穴をあけました。


Wheels WH-6700
wheelsetがハブを持っている車輪は、残りの新しい構成要素の色にマッチします。wheelsetは、チューブのない道と互換性を持つ決め手です。

彼らは、後部で正面と20で16のまっすぐな、ブレードされた、ステンレス鋼のスポークで作られます。8、9と10速カセットスプロケットと互換性を持つ鋼のfreehub体が、あります。重さは、セット(695gの正面、957gの後部)のための1652gです。

別々のHubは、高品質密封およびカップと円錐ベアリングを特徴として利用できます。彼らは鋼のfreehub体で発育して、8、9と10速カセットと互換性を持ちます。前部ハブの重さは、156gと後部のfreehub FH-6700です:354g.


Pedals PD-6700
PD-6700がペダルを踏むペダルは、新しい構成要素にマッチしている色で利用できます。重量:1一組につき317g。構造的に、違いが既存のPD6620デザインにありません。

2009年4月6日月曜日

EASTON EC90 Cranks Set


Easton EC90  「クランクインプレッション」

・長さ 170mm/172.5mm/175mm・重量 558g
・ボトムブラケット(セラミック)  100g
・定価  約7万円
まず、重さに注目します。 BB無しの重量が558gで、他のパーツと差をつける程軽いです。 ここまで軽ければ、耐久性や剛性が気になるところ。

EASTONといえば、軽量でありながら、剛性などは十分に確保したパーツを発信しているメーカーであるので、このクランクもかなりの力が入っていることが伺える。

EASTON社のコメント:
このクランクは、高度なレベルでの試験を繰り返し、極限強さや疲労強度をテストしてきました。 イーストンのエンジニアとデザイナーは、市場で出回っているどんなカーボンクランクよりも高い性能を持っています。

CNTクランクの継続的な使用は、硬くて強い安心感や、美学的にも美しいものを与えます。

2009年4月5日日曜日

Cervelo TestTeam , bicycle


私は、Cerveloデモプログラムのために今日、LargoでOutspokin自転車で立ち止まりました。多くの他のメーカーの様に、Cerveloは旅行しているトラックをあなたがドライブをテストすることができる彼らの最高の自転車でいっぱいにします。それは製品に接したいくらかの実際の経験を得るすばらしい方法です、そして、それに向かいましょう、誰がこれらの最高級品のスーパー自転車に乗りたくありませんか?

私がひっくり返るように、私のドライバーはカード(ちょうど私が帰ることを確認するために)を認可して、信用して、Cerveloの新しい旗艦、S3、CerveloのeRideプログラムの礼儀にとびます。これは、トゥールドフランスチャンピオンカルロスサストレを弁護することを含むプロのCervelo Testチームライダーに乗られる同じ自転車です。それが十分に彼らによいならば、それは多分、私のために働きそうでしょう。完全なDura-Ace 7900(新しいもの)とZipp 404決め手を装備して、それは下位16-ポンドであるために、簡単に感じました。

現代の炭素繊維から自転車が彼らがそうでありえるのと同じくらい簡単に軽いこと、ほとんど全ての彼らの自転車が細い、深いチューブ形を誇って、Cerveloは彼らの製品で空気力学に集中しました。S3は隠れたケーブルさえ特徴とします、そして、刃細い席は風を逃れるためにとどまります。

どのように、それはドライブですか?どのように、あなたは考えますか?それは、rocketshipです。それは私がこれまでに必要とする人間その他より非常に固いです、しかし、それは同様に快適です。速度にそれを終わらせることはたやすかったです、そして、造りの品質はあなたにあなたがノー妥協機械に乗っていたということを知らせました。

Ok、しかし、これが完璧でないのと同じくらい素晴らしい自転車さえ。私には合うもので本当にダイヤルする機会がありませんでした、しかし、カーボンの型が作製するのにとても高価な時から、限られたサイズだけは利用できます。私は58に乗りました、しかし、それは恥ずかしい感じがしました。一番上のチューブは、私の普通の道自転車より非常に短かったです。私は上がっている次のサイズ(61)をためすことができました、しかし、それはあまりに大きかったかもしれません。私が2つの間で倒れることができたという可能性があります。そして、サイズが賢いです。高いための私の誤りであるコースを離れて、自転車はそうではありません。

内部のケーブルルーティングは、より空気力学的であると言われます、それも束になることをつくる彼らがフレームを入力する茎の後のケーブルの。全力疾走するか、登るために立っているとき、私のひざはそこのケーブルをかすって通ります。悩ます種類。

また、私は新しいDura-Ace shiftで射殺されませんでした。もちろん、すべての交替制は完璧でした、しかし、レバー形はちょうど私のスタイルでありませんでした。ずっと多くcountoredされて、SRAMまたはCampyのスタイルで形作られて、私は10速システムからしがみつく大きいドームを持っていることができないのを寂しく思いました。

明らかに、これは誰でも必要とするより多くの自転車です。しかし、あなたが8,000ドル-9,000ドル範囲で自転車を買っているとき、それは本当に必要についてでありません。あなたがレーサーである、あるいは、レーサーがタイプするならば、あなたはCerveloのハイエンドのモデルの何にとってもうまくいかなくなることができません。「あなたには手段があるならば、私は高く1を拾うことを勧めます。」

また、雨の日にとても素晴らしいためにOutspokinでCerveloと人々から感謝試みグレッグを言いたいです。

2009年4月1日水曜日

bikefix Q+A: Mountain Fork Bicycle


ディエゴは疑いの余地が彼のGT Marathon 3.0の上で株式のForikをアップグレードすることについてにあって書きます:



最後の尊厳な、私は本当の
Bicycleでぶりの私のタイプをしました。GTマラソン3.0 2008。私がFSをもつ余裕があって、欲しかったことは、最も多くでした。私は、私がForkアップグレードが必要な時により近くなっていると思います。私は、ハイエンドBicycleを買うために、3Kを持ちません。私は、事故の後、オリジナルを取り替えるために、すでにAvid Juicy 7を後ろに置きました。私は、もう2年このBicycleを保って、それから2分の1としてそれを持って、ハイエンドを得る予定になっています。私は、あなたが経験の年なしであなた自身を解説する同じ方法に乗ります。私は、レースまたは重さの上で興味を起こしません。私は楽しい一時を過ごしたいだけで、より長く行きます(私は持久力が好きです。そして、トレイルランに使われます)。私はRSヨハネの黙示録のあなたのチェックを読んで、入手可能です。ここシャーロットで、NCフォックスは支配します、しかし、私はロゴがより好きでありません。アッシュヴィル(WNC)、アパラチア山脈はすぐ近くにあります、そして、私はこの夏彼らを打つためにそうしません。広範囲な電子メールのためにすみません。私は、5'6です」、そして、140が最高状態にあります。ブログについてはこれくらいにしてありがとう、私はすべてのものを読んでいます。


Marathonは少し難しくなる大きなbikes-、しかし、Maverickに向こうの最も近いものであると思われます。そして、それがチャーリーと私は好きです。良い選択!私は、SR Suntour XCRsが少しの湿らすこともどうしようもなくするかどうか、見分けることができません、しかし、その、確かに、初心者用のフォークとアップグレードは、たぶんある重さを保存するだけでなく、おそらく支配を増やします。調節可能なA pre-2009(90-130mmは、旅行します)は、ヨハネの黙示録が大きな選択で、よく活発な後部にマッチすることを移動させます。ボーナスとして、2009のヨハネの黙示録が最高140mmぶつけられる彼らの旅行を持って、あなたは大きな取引を得ることができるでしょう。私は彼らがそうする一定の旅行versions-から離れた食用牛をより軽くてより安くしてもらいました、しかし、その旅行の全てをそれが少しフロッピーあなたのBicycleにすることができたtime-と管理するのが少し難しい登山の全てにしてもらいたくてもよいというわけではありません(特に4inフォークのまわりで設計されるBicycleで)。あなたの地元の店が空気をはねる一定の旅行ヨハネの黙示録の上に多量を持つならば、あなたは130から110mm(そしてそれは、そのその他ならば、リーバが感動的な内部のspacers-によって簡単な仕事をされた)までそれを下げるために彼らにさらに20ドルまたは30ドルを支払うことができるかもしれません。彼らが見つけるのが少し難しいようで、ヨハネの黙示録の上に多くの(または何でも)重さを必ずしも保存するというわけではないけれども、120mmと広まっているリーバのU-Turn(可調旅行)バージョンがあります。フォックスF120はより高くついて、多分同様に働かないでしょう、そして、ManitouとMarzocchiは私が120mmのMinuteまたはXC逆推進ロケット技師700(我々の地元の前Manitou工科大学がそれを固定したあとチャーリーがhis-が好きだったけれども)に勧めるのを嫌うかもしれないラフな十分な数年の品質賢者を持ちました。

あなたが速い/安い何かを必要とするならばヘック、あなたは多分、彼らがコイルはねて、あなたがギア(あなたが飛び込むことに決めるならば、シール/ワイパーキットを買うつもりにしてください)の高価なビットにホースで水をかけることなく中止についてもう少しを学びたいと思うかどうかに取り組むために簡単である$100-のまわりでロックShox Psylo SLまたはレースを使われる適切な状態がわかることができたでしょう。私がバネをこわした(そして、私は5lbあなたを上回ります)けれども、私は常に、それらが進んだ方法が好きでした。これが助けることを望んで、あなたが結局何をすることになるかについて私たちに知らせてください!楽しんでください、

2009年3月29日日曜日

Specialized S-Works Bicycle

見事に折れたSPECIALIZEDS-WORKS

マウンテンバイクのカーボンは、破損の危険度はかなり高いと思います。

私がCarbon Bicycleに乗る間、私はカーボンマウンテンバイクに私自身のお金を使いません。彼らは、使い捨てのようです。

2009年3月27日金曜日

Rotor Q-Ring Cervelo TestTeam bicycle


ほとんどその発明以来、賢い(そして、よりそうでない)個人は、人に知られている輸送で最も効率的な形を改善するために見ていました。いくつかが技術的にドライブされる(より軽い、より固い、より強いフレームと構成要素、より効率的なシールとベアリング)間、他は人体が自転車と相互に作用する方向で効率を捜しました。不快な(しかし、スマートに角ばった)椅子に座った誰でも証言することができて、人体は線と円のような単純なジオメトリーに抵抗する傾向があります。従来のBicycleのエレガントな単純さの多くが丸いチューブ、まっすぐなスポークと車輪とまっすぐなスポークのような単純なジオメトリーとフレーム要素から来る間、デザイナーがより関係する材料と軍隊について学んで、これらの要素はこれまでにより複雑なジオメトリーに進化します。適例:chainringしているROTORQ-Ring



スペインの会社Rotorは、賢く複雑なcranksetがそれが最も強い(crankarmsが席チューブに対してざっと垂直なとき)ライダーの足のない力を提供して、前の運動の方へ貢献することが最少のものを持つ『不活発な点』を過ぎてそれの速度を上げるように設計された、数年前に、自転車市場に来ました。残念なことに、よくあることだが。そして、重く翻訳されてここで賢くて、高価です。高いコスト($500+ cranksetsが当り前になる前に、これはそうでした)と重さにもかかわらず、ほとんどライダーが採用しなかったフェアRS4、そして、認められた利益だけでなく減らされた時間も主張して、そして、疲労と乳酸増強を減らします(より面白いことに)。彼らの複雑な(そして、醜くて、それに向かいましょう)cranksetが広範囲にわたり受け入れられそうになかったと理解して、Rotorは彼らのQ-Ringになることの研究を開始しました。



わずかに押しつぶされた様子のリング(私のケースで34t)変人が席チューブに対して垂直なとき変人が席チューブとわずかにより長い効果的半径と平行のとき、より小半径(チェーンを引いているレバーアーム)を持ちます。移行はなめらかです。そして、非常に足脳卒中を通して力を置く彼らの能力における変化のようです。ちょうどchainringsで、Q-RingsRS4として他と比較して1フィートの位置を変えることができません。彼らはして、しかし足に彼らがそれを使うことができるより多くの力を与えて、彼らがそうすることができない所で、ものをより簡単にします。[注:これは、SHIMANOの非常に嘲笑されたBiopace chainringsがそうしたものの正反対です]利益?どちらがずっと人気のある(少なくとも広告において)大学によって後退するか、全くの疲労と乳酸増強、増加した累乗とより幸せなknees-の要求された縮小が、勉強します。私は今年InterbikeRotor USAから人々に出会って、彼らの姿勢においてsinglespeedされたMountainBikeに気がつきました。私が彼らの製品に気づく間、私の仮定はそれでした1非ラウンド、『それが回転したので、リングはたるみを始めるためにDeraillrueなしで動きません。RotorQ-Ringsが彼らの回転を通して効果的Chain長を変える間、それが人が予想するかもしれないより少ないもののそばにあった、そして、チェーンがライダーが力を置くことができなくて、起伏の多い地形(地面と直角をなすcrankarmsで)の上にめったに下っていない点に最ものろいことがわかります。私が会社の主張についてであったのと同じくらい知りたがる、取るに足らない、原価をchainringすることにつき95ドルは、少なくともしばらく私にidea-を思いとどまらせました。



この12月、Oldの2月の24のHoursのための私のトレーニングで私と同様に行っていないプエブロ語が期待したこと(それは、そうしますか?)、私は私自身がQ-Ringが私のためにすることができたことを怪しんでいるのに気づきました。長いドライブで、乳酸レベルの9.1%の縮小のように、確かな電力出力の要求された4.1%の増加は、よく聞こえました。私は、歯を食いしばって、Rotorに呼び出しを与えることに決めました。2、3日以内に、コロラドスプリングスからのパッケージは、私のドアステップに着陸して、うまく機械加工されて軽量chainringを明らかにするために開けられました。多くのSiamesedボルト孔で。Rotorの指示としての総合中等学校がそうだったので、彼らは私に少し混乱させました(セッティングがそうする「短距離選手によりよい」平均は、すでに短距離選手であったそれらか短距離選手になるのを期待している人々によりよいですか?)、そして、私はその中央の位置(それゆえに、5つのsets-のうち、ボルトの多数は、ホールに入れます)で私の一つの速度に道路コンパクト中央のリング(110bcd)に上がることを決心しました、そして、ものを与えます行きます。



自転車で、Q-Ringは、奇妙であると感じました。その素晴らしい(丸い)固定ギアは、回転を誘発しました?忘れてください。Q-Ringで、ライダーの足はトップと脳卒中の底で速まって(丸い『リングと比較して)、その半ばに減速します。Q-Ringとこぐことが最初は波立っていて奇妙であると感じる間、私は2、3のドライブの範囲内で調節して、それに注意しなくしておきます-、丸いchainrings.の上に数週間後にQ-Ringに戻ります彼らの中央の位置でQ-Ringに乗っているおよそ12時間後に、彼らは必要以上に奇妙で難しいと感じました。Rotorの推薦に関して、私は私が慣れていたのと同じchainringしているサイズを購入しました、そして、ダウンストロークに関する減らされた力はそれを私があまりに高いギアを押していたように感じさせました。一度(または二度)再び、私は指示で座りました。そして、Q-Ringある点をそのわずかに遅れる#4位置の方へ動かすことに決めました。自転車で後ろに、違いはすぐに明らかでした。足脳卒中で下って少し更なる最も低い力点を動かすことによって、それは私が少しよりよくギアの上にいることができるように感じました(多分、もう少し勢いをもたらしている私の足で?)、そして、私は私の購入について非常に気分がよくし始めました。さらなる努力なしで、非丸いリングは、私が私の足がより強かった、そして、私が確かに1、2の歯がより速いと感じた36x19(29erの上で)を効果的に押していることを意味しました。よりよくさえ、私は私がより速く回復しているように感じました。もちろん、これは私が圧縮旅行ソックスをはくか、これまでによりよく食べる結果でもありえました、しかし、私が実は、私が特に難しいドライブの後、日にどれくらい気分がよいかについてショックを受けたときもあった。私も、難しいドライブ終了後劇的であるようにその変化がちょっとおかしかったけれどもexpected-より元気であると感じました。



レースはどうですか?私の計画(レースを知っているあなたのそれらのために)は、特に夜に、我々に各々の少しおいしい食べ物と回復時間を与えて、私のデュオパートナーと、倍のひざを交替させることになっていました。デュオとしてうまくやった他の人と話して、これが最高の戦略であるならば、私にはわかりません、しかし、我々はそれに試みを与えました。これまでの場合のように、私は最初であるか2番目に倍のひざの後でより簡単な34x20に34x19とスワップアウトから始める予定でした。私の最初の二塁打の後、気分がよくて、私は次の30マイルより高いギアを保つことを選びました。これは、私の間違いでした。首尾よく疾走するよりはむしろ、私はそれができなかった足でまた高いギアをつぶして終わりました。その結果、私の後半はそれがbeen-を持つことができたということでありませんでした、しかし、それははるかにより悪くありえました。


RotorQ-Ringsは、約束通り配達しますか?それは、言うのが難しいです。一つの速度の上で、私は私が私のものが好きであると言わなければなりません。一つの構成要素は言うまでもなく一つのfactor-にその人のパフォーマンスの変化をたどるのは難しいように多くの変数が、MountainBikeRace(特に持久力イベント)にあります。Q-Ringsの利点が大部分は難しいドライブの後、必要な回復時間を短くする際にあるように、それは私のuncalibratedされた足に感じます。私は、確かに、ちょうど収益がちょうどそんなによりよく私には思われるweightを保存するために同じことを費やす前に、Q-Ringの方へ95ドルを置きました。Cerveloの新しい「TestTeam」による2009年度のQ-Ringの養子縁組は、私の勘に頼った評価にわずかな重さを添えます。最も、除外されて犠牲にされて、私はQ-Rings-をためさない取扱いまたは耐久性を危険にさらすことがない少しの理由も見つけることができません。そして、それは多くの他の『アップグレードより前に彼らを置きます。』、Forは特に競争的クラスのそれらです、トップ10のフィニッシャーがきつく間隔をあけられる所で、投資はそれの価値があるでしょう。私は、確かに私自身が近いうちに私のものをとっているのを見ません。

2009年3月26日木曜日

ScottAdict_SHIMANO DURA-ACE C50 bicycle



2007年、ScottAddictを導入以来、Addictはプロロードレースで世界で最も大変な状況で、すごい能力を証明しました。


Addictは、快適さと信頼で厳しさクライミング、全力疾走することと高速降下を処理することができる、超軽量で用途が広いカーボン自転車です。
TeamColombia-Highroadは、革命的なカーボンで開発された一つのツールで武装しています。耐久性と凝りを維持している間、この独特のプロセスによってフレームエンジニアがカーボン材を最大にすることができます。


チームのAddictフレームは、SHIMANOPROContinentalFizikから特別な構成要素を備えています。



写真はScottAddict。 ホイールはSHIMANO DURA-ACE C50ですが、2008年モデルのデザインではない。 新型? 
今のデザインより、こちらのデザインのほうがずっと良いと思うのは私だけでしょうかね?

2009年3月24日火曜日

Cervelo TestTeam



私は、Cerveloデモプログラムのために今日、LargoでOutspokin自転車で立ち止まりました。多くの他のメーカーの様に、Cerveloは旅行しているトラックをあなたがドライブをテストすることができる彼らの最高の自転車でいっぱいにします。それは製品に接したいくらかの実際の経験を得るすばらしい方法です、そして、それに向かいましょう、誰がこれらの最高級品のスーパー自転車に乗りたくありませんか?

私がひっくり返るように、私のドライバーはカード(ちょうど私が帰ることを確認するために)を認可して、信用して、Cerveloの新しい旗艦、S3、CerveloのeRideプログラムの礼儀にとびます。これは、トゥールドフランスチャンピオンカルロスサストレを弁護することを含むプロのCervelo Testチームライダーに乗られる同じ自転車です。それが十分に彼らによいならば、それは多分、私のために働きそうでしょう。完全なDura-Ace 7900(新しいもの)とZipp 404決め手を装備して、それは下位16-ポンドであるために、簡単に感じました。

現代の炭素繊維から自転車が彼らがそうでありえるのと同じくらい簡単に軽いこと、ほとんど全ての彼らの自転車が細い、深いチューブ形を誇って、Cerveloは彼らの製品で空気力学に集中しました。S3は隠れたケーブルさえ特徴とします、そして、刃細い席は風を逃れるためにとどまります。

どのように、それはドライブですか?どのように、あなたは考えますか?それは、rocketshipです。それは私がこれまでに必要とする人間その他より非常に固いです、しかし、それは同様に快適です。速度にそれを終わらせることはたやすかったです、そして、造りの品質はあなたにあなたがノー妥協機械に乗っていたということを知らせました。

Ok、しかし、これが完璧でないのと同じくらい素晴らしい自転車さえ。私には合うもので本当にダイヤルする機会がありませんでした、しかし、カーボンの型が作製するのにとても高価な時から、限られたサイズだけは利用できます。私は58に乗りました、しかし、それは恥ずかしい感じがしました。一番上のチューブは、私の普通の道自転車より非常に短かったです。私は上がっている次のサイズ(61)をためすことができました、しかし、それはあまりに大きかったかもしれません。私が2つの間で倒れることができたという可能性があります。そして、サイズが賢いです。高いための私の誤りであるコースを離れて、自転車はそうではありません。

内部のケーブルルーティングは、より空気力学的であると言われます、それも束になることをつくる彼らがフレームを入力する茎の後のケーブルの。全力疾走するか、登るために立っているとき、私のひざはそこのケーブルをかすって通ります。悩ます種類。

また、私は新しいDura-Ace shiftで射殺されませんでした。もちろん、すべての交替制は完璧でした、しかし、レバー形はちょうど私のスタイルでありませんでした。ずっと多くcountoredされて、SRAMまたはCampyのスタイルで形作られて、私は10速システムからしがみつく大きいドームを持っていることができないのを寂しく思いました。

明らかに、これは誰でも必要とするより多くの自転車です。しかし、あなたが8,000ドル-9,000ドル範囲で自転車を買っているとき、それは本当に必要についてでありません。あなたがレーサーである、あるいは、レーサーがタイプするならば、あなたはCerveloのハイエンドのモデルの何にとってもうまくいかなくなることができません。「あなたには手段があるならば、私は高く1を拾うことを勧めます。」

また、雨の日にとても素晴らしいためにOutspokinでCerveloと人々から感謝試みグレッグを言いたいです。

2009年3月21日土曜日

ScottAdict_SHIMANO DURA-ACE C50



2007年、ScottAddictを導入以来、Addictはプロロードレースで世界で最も大変な状況で、すごい能力を証明しました。


Addictは、快適さと信頼で厳しさクライミング、全力疾走することと高速降下を処理することができる、超軽量で用途が広いカーボン自転車です。
TeamColombia-Highroadは、革命的なカーボンで開発された一つのツールで武装しています。耐久性と凝りを維持している間、この独特のプロセスによってフレームエンジニアがカーボン材を最大にすることができます。


チームのAddictフレームは、SHIMANOPROContinentalFizikから特別な構成要素を備えています。



写真はScottAddict。 ホイールはSHIMANO DURA-ACE C50ですが、2008年モデルのデザインではない。 新型? 
今のデザインより、こちらのデザインのほうがずっと良いと思うのは私だけでしょうかね?

2009年3月19日木曜日

SHIMANO_DURA-ACE_7900 & Campagnolo_SuperRecord



SHIMANOcampagnoloの最も目立つ違いは、レバー形状です。


11sは、持ちますよりそれゆえに、それにルック&フィール。乗っている標準的なフードは同じことを感知します、しかし、「フードの上で」乗ることは11が輝くところです。それは、この位置でときより安定して快適な雰囲気を提供する人さし指と親指の間であなたの手の部分に対する支持をします。


さらに、ブレーキレバーは旧型より長く、そして、異なる引き量を持ちます。これは持つ手が同じ手位置のための10速レバーよりわずかに低いバーの位置に置くことになります。
より良い制動を考慮に入れるため、レバーを操作することはいつでも「フードの上で」出来ます。
私がまだ進行中のこのグループw/out厚いロバ手袋に乗らなかった点に留意する必要があるので、私がこれ(私は通常すべてでw/out手袋に乗ります、しかし、とても寒かったです)の全てに対する全く正確な感じがあるというわけではありません。


私が話すことができる限り、RDFDはかなりほぼ同じです。彼らは、偉大になります。私は私がリングが動いてより速く新しいすべてであるFDとチェーンを読んだのを憶えていると思います、しかし、私は話すことができません;常に異様なかなりすごく前金で速い、とても全くシフト。
私は、変速に作用する滑車を得るために、campagnolo_Recordに賛成してChorusの後ろ変速機を外しました。それは~$60(卸売り)でした。
そして、あなたはそんなに単独で倍の後変速機を買うことができないので、私はそれがそれの価値があると考えました。私は全部のドライブトレーンがよりなめらかであることが当然かどうか、わかりません。


しかし、私は私が漕ぐことの下で変速機のなめらかさを感じることができると『思います』。おそらくでなく、しかし、それは目立つようです。
Chorus(これは、RecordまたはSuper Recordにとって真実でないかもしれません)の上で、変動する行動は、10sより柔らかい感覚です。それは、下端グループの上に1または2年前持ち出されて動いている『脱出』としての光でなく、私が慣れていて、好むより小さいスケールです。一旦私が常にその自転車に乗るならば、私はそれに慣れます。


しかし、私がくだらない天気によりまばらにそれに乗っているとき、それは目立つ違いです。
私には、新しいものについて2つの公式不満があります。


第1の不満は、シフトケーブルルーティングです。シフターに会っている住宅から作製されるバーテープの下で、「ふくらみ」を取り出すために、Campyはケーブルルートが住宅にギアユニットをつくる方法を変えました。それがテープ(記録のために、私は決して本当に、小さいものはいずれにしろどれをふくらませるように注意しませんでしたか)の下で継ぎ目のない移行をする間、ケーブルはシフター体のほぼ90度、角を作らなければなりません。挿入物がこの曲がり角が活動をなめらかにするために起こるシフターにあります、しかし、ケーブルを設置することは難しいです。私は、きちんと(ケーブルがきちんとより適当なことばであるかもしれないことを上手に扱います)ケーブルを送るために、頭部の平らな宝石商サイズのネジ回しを使わなければなりませんでした。私がわかることができる限り、このケーブルを送る他のいかなる方法もありません。ちょうどギアユニットに、シフター体を通して、そして、住宅にそれを押す日々は、今のところ終わっています。


私の第2の不満は、チェーンインストールです。それが本当にクールなシステムで、それが非常に効果的に働くように思われる間、それは高くつきます。簡単に言えば、チェーンは長いピン付シマノチェーンが打ち切られてそれから終わりまで供給したピンをインストールします、しかし、類似点はそこで止まります。それが弱い「ピンでとめられた関連で強さを加えるために打ち切られた所で、Campy鎖はそれから金槌の頭で打たれます。」、ある人は言いました、これは良いシステムで、意味をなします、しかし、こうする市場に出ている1つのツールが存在します。それはCampyによって作られて、140ドル卸売りします。間違って私をしません、それはそうです美しい手製のイタリアツールで、あなた以外が11spd鎖w/outをインストールすることそれ、そして、それ140ドルです!そして、どちらが1対のイタリアの悪徳握りであったかは彼らにはあったものである古いツールのようでありません、このツールは必要です。



全般的に見て、私はそれに高いマークを与えます。私は、それには10spdより良い若干の特性があって、進化であると思います。
私はDuraエース7900と対照的にでも、違いがより微妙であると思います。そして、それは私の考えでは7800以上の大きな改善です。
それはそれの上の私の取得です。流れに伴って、今のおよび変化w/時代に生きてください。
誰ででも、11速すぐに十分です(私は、最初に『ジャンプをする』Sram、そしてSramの後、年に続くシマノを予測します。

SHIMANO_DURA-ACE_7900 & Campagnolo_SuperRecord



SHIMANOcampagnoloの最も目立つ違いは、レバー形状です。


11sは、持ちますよりそれゆえに、それにルック&フィール。乗っている標準的なフードは同じことを感知します、しかし、「フードの上で」乗ることは11が輝くところです。それは、この位置でときより安定して快適な雰囲気を提供する人さし指と親指の間であなたの手の部分に対する支持をします。


さらに、ブレーキレバーは旧型より長く、そして、異なる引き量を持ちます。これは持つ手が同じ手位置のための10速レバーよりわずかに低いバーの位置に置くことになります。
より良い制動を考慮に入れるため、レバーを操作することはいつでも「フードの上で」出来ます。
私がまだ進行中のこのグループw/out厚いロバ手袋に乗らなかった点に留意する必要があるので、私がこれ(私は通常すべてでw/out手袋に乗ります、しかし、とても寒かったです)の全てに対する全く正確な感じがあるというわけではありません。


私が話すことができる限り、RDFDはかなりほぼ同じです。彼らは、偉大になります。私は私がリングが動いてより速く新しいすべてであるFDとチェーンを読んだのを憶えていると思います、しかし、私は話すことができません;常に異様なかなりすごく前金で速い、とても全くシフト。
私は、変速に作用する滑車を得るために、campagnolo_Recordに賛成してChorusの後ろ変速機を外しました。それは~$60(卸売り)でした。
そして、あなたはそんなに単独で倍の後変速機を買うことができないので、私はそれがそれの価値があると考えました。私は全部のドライブトレーンがよりなめらかであることが当然かどうか、わかりません。


しかし、私は私が漕ぐことの下で変速機のなめらかさを感じることができると『思います』。おそらくでなく、しかし、それは目立つようです。
Chorus(これは、RecordまたはSuper Recordにとって真実でないかもしれません)の上で、変動する行動は、10sより柔らかい感覚です。それは、下端グループの上に1または2年前持ち出されて動いている『脱出』としての光でなく、私が慣れていて、好むより小さいスケールです。一旦私が常にその自転車に乗るならば、私はそれに慣れます。


しかし、私がくだらない天気によりまばらにそれに乗っているとき、それは目立つ違いです。
私には、新しいものについて2つの公式不満があります。


第1の不満は、シフトケーブルルーティングです。シフターに会っている住宅から作製されるバーテープの下で、「ふくらみ」を取り出すために、Campyはケーブルルートが住宅にギアユニットをつくる方法を変えました。それがテープ(記録のために、私は決して本当に、小さいものはいずれにしろどれをふくらませるように注意しませんでしたか)の下で継ぎ目のない移行をする間、ケーブルはシフター体のほぼ90度、角を作らなければなりません。挿入物がこの曲がり角が活動をなめらかにするために起こるシフターにあります、しかし、ケーブルを設置することは難しいです。私は、きちんと(ケーブルがきちんとより適当なことばであるかもしれないことを上手に扱います)ケーブルを送るために、頭部の平らな宝石商サイズのネジ回しを使わなければなりませんでした。私がわかることができる限り、このケーブルを送る他のいかなる方法もありません。ちょうどギアユニットに、シフター体を通して、そして、住宅にそれを押す日々は、今のところ終わっています。


私の第2の不満は、チェーンインストールです。それが本当にクールなシステムで、それが非常に効果的に働くように思われる間、それは高くつきます。簡単に言えば、チェーンは長いピン付シマノチェーンが打ち切られてそれから終わりまで供給したピンをインストールします、しかし、類似点はそこで止まります。それが弱い「ピンでとめられた関連で強さを加えるために打ち切られた所で、Campy鎖はそれから金槌の頭で打たれます。」、ある人は言いました、これは良いシステムで、意味をなします、しかし、こうする市場に出ている1つのツールが存在します。それはCampyによって作られて、140ドル卸売りします。間違って私をしません、それはそうです美しい手製のイタリアツールで、あなた以外が11spd鎖w/outをインストールすることそれ、そして、それ140ドルです!そして、どちらが1対のイタリアの悪徳握りであったかは彼らにはあったものである古いツールのようでありません、このツールは必要です。



全般的に見て、私はそれに高いマークを与えます。私は、それには10spdより良い若干の特性があって、進化であると思います。
私はDuraエース7900と対照的にでも、違いがより微妙であると思います。そして、それは私の考えでは7800以上の大きな改善です。
それはそれの上の私の取得です。流れに伴って、今のおよび変化w/時代に生きてください。
誰ででも、11速すぐに十分です(私は、最初に『ジャンプをする』Sram、そしてSramの後、年に続くシマノを予測します。

Bottom Brackets   Weight Weeniesより

Action-Tec Attack ? 107 mm Titanium 134 g 136 g +1,49% Square
Action-Tec Attack ? 112 mm Titanium 141 g Square
Action-Tec Attack 2001 113 mm Titanium 161 g JIS, greased w/anti-seize
Aken Titanium 2003 70x110 mm Titanium 140 g JIS(?), ITA
American Classic ISIS Cromo 2002 68/73x108 mm Steel 141 g ISIS
American Classic ISIS Cromo 2003 68/73x113 mm Steel 153 g 153 g ±0,00% ISIS, w/ spacers
American Classic ISIS Road 2004 68x108 mm Steel 140 g 141 g +0,71% ISIS, averaged (140/142)
American Classic ISIS Road 2005 68x108 mm Steel 140 g 140.55 g +0,39% ISIS, averaged (140/141.1)
American Classic Square Taper Ti 2000 107 mm Titanium 143 g Square
American Classic Square Taper Ti 2002 113 mm Titanium 154 g JIS, incl. grease fill
Bill Shook ISIS CroMo 2001 68/73x118 mm Steel 155 g ISIS
Bill Shook ISIS CroMo 2001 68x108 mm Steel 140 g 140 g ±0,00% ISIS
Bill Shook ISIS CroMo 2002 68/73x113 mm Steel 147 g 158 g +7,48% ISIS, w/out spacers (2 g each), avged(2)
Campagnolo Centaur 2005 68x111 mm Steel 233 g 237 g +1,72% ISO
Campagnolo Centaur (AC-S) 2003 68x111 mm Steel 299 g 322 g +7,69% ISO
Campagnolo Chorus 2004 70x102 mm Steel 220 g 228 g +3,64% ISO
Campagnolo Chorus 2005 68x102 mm Steel 220 g 220 g ±0,00% ISO
Campagnolo Chorus Triple 2003 68x111 mm Steel 233 g 234 g +0,43% ISO
Campagnolo Record 1990 68x??? mm Steel 219 g ISO
Campagnolo Record 2002 68x102 mm Steel 190 g 194 g +2,11% ISO
Campagnolo Record 2004 68x102 mm Steel 190 g 190.4 g +0,21% ISO, averaged (190/190.8)
Campagnolo Record 2004 70x102 mm Steel 190 g 202 g +6,32% ISO
Campagnolo Record 2005 70x102 mm Steel 190 g 197 g +3,68% ISO
Campagnolo Record UltraTorque 2007 BSA 49 g 57 g +16,33% integrated BB cups incl. snap ring
Campagnolo Super Record 1980 70x??? mm Steel 281 g ISO
Chin Haur CH-52 2001 68x111 mm Steel 312 g Square
CODA 900 Road (Magic Motorcycle) 1999 ? Steel(?) 221 g no shims
Control Tech BB02-TI 2005 68x108 mm Titanium 139 g 155 g +11,51% ISIS, carbon fiber body, excl. crank fixing bolts
Crank Brothers Cobalt Ti 2007 68/73x113 mm Titanium 180 g 185 g +2,78%
EDR Titanio 1998 68x109 mm Titanium 142 g JIS
Ergomo BB Campagnolo 2004 ? 270 g 271 g +0,37% ISO
Extralite IBB2 2004 68/73x113 mm Steel 145 g 153 g +5,52% ISIS
FRM CU2 BB-Al 2003 68x108 mm Aluminium 135 g 132 g −2,22% ISIS, w/out self extracting crank fixing bolts (M12, +22 g)
FRM CU2 BB-Al 2003 68x113 mm Aluminium 135 g 138 g +2,22% ISIS, w/out crank fixing bolts
FRM Cu2 Evolution ISIS 2002 113 mm Aluminium 141 g 139 g −1,42% ISIS, w/out extracting bolts (23 g)
FRM Cu2 Evolution ISIS 2003 113 mm Aluminium 140 g 140 g ±0,00% +3 g for spacers to 73 mm
FRM CU2-BB ISIS 2005 68x113 mm Aluminium 154.6 g ISIS, w/out crank fixing bolts
FRM CU2-BB ISIS Al 2004 68x108 mm Aluminium 151 g 149 g −1,32% ISIS, +22 g for self-extracting FRM M12 bolts
FRM CU2-BB ISIS Al 2004 73x108 mm Aluminium 151 g 140 g −7,28% ISIS, +22 g for self-extracting FRM M12 bolts
FRM Ti ? 107 mm Titanium 143 g Square
FRM Ti 2000 102 mm Titanium 140 g 136 g −2,86% Square
FRM Ti 2001 115 mm Titanium 150 g JIS
FSA Ceramic MegaExo 2006 BSA 130 g 130 g ±0,00% MegaExo, ceramic cartridge bearings
FSA MegaExo 2006 BSA 140 g 140 g ±0,00% MegaExo, steel cartridge bearings
FSA Platinum 2003 68x113 mm Steel 225 g 226 g +0,44% ISIS
FSA Platinum Pro 2003 73x113 mm Steel 225 g 225 g ±0,00% ISIS
FSA Platinum Pro 2004 68x108 mm Steel 202 g ISIS, w/out bolts
FSA Platinum Pro MegaQuad 2005 68x113 mm Steel 199 g 244 g +22,61% ISIS, add 36 g for supplied M15 steel crank fixing bolts and steel washers
FSA Platinum Pro MegaQuad 2005 73x113 mm Steel 199 g 216 g +8,54% ISIS, w/out bolts
FSA Platinum Pro Ti 2003 68x108 mm Titanium 172 g 173 g +0,58% ISIS, w/out bolts, 193 g w/ dustcaps & washers
FSA Platinum Pro Ti 2003 68x113 mm Titanium 177 g ISIS, w/out bolts
FSA Platinum Pro Ti 2004 68x113 mm Titanium 172 g 188.3 g +9,48% ISIS, w/out bolts, averaged (186/189/190)
FSA Platinum Pro Ti 2004 73x113 mm Titanium 172 g 194 g +12,79% ISIS, w/out crank fixing bolts (+20 g)
FSA Platinum Pro Ti MegaQuad 2005 68x108 mm Titanium 189 g ISIS, w/out crank fixing bolts (+21 g for supplied FSA M14 Al)
FSA Platinum Pro Ti MegaQuad 2005 73x113 mm Titanium 203 g ISIS, add 20 g for supplied M14 Al crank fixing bolts and steel washers
FSA Ti ? 107 mm Titanium 185 g Square
FSA Ultimax Carbon Ti 2003 68x103 mm Titanium 175 g 160 g −8,57% ISO, claimed weight found on box
FSA Ultimax Carbon Ti 2005 68x107 mm Titanium 166 g JIS
FSA Ultimax CroMo 2000 68x113 mm Steel 235 g 240 g +2,13% JIS
FSA Ultimax CroMo 2005 68x103 mm Steel 218 g JIS
FSA Ultimax CroMo 2005 68x110.5 mm Steel 230 g ISO
FSA Ultimax Ti 2003 73x113 mm Titanium 168 g 185 g +10,12% JIS
FSA Ultimax Xtreme Pro Ti 2002 108 mm Titanium 160 g 172 g +7,50% ISIS, w/o bolts, Italian thread
FSA Ultimax Xtreme Pro Ti 2002 113 mm Titanium 166 g 178 g +7,23% ISIS, avrg(2)
Hadley HAD-Titan 2003 68/73*129 mm Titanium 177 g JIS, adjustable chainline, w/out crank fixing bolts
Heylight H01 Innenlager 2003 68x103 mm Steel 155 g 160 g +3,23% JIS or ISO?, hollow axle, +14 g for Ti crank fixing bolts
Hope Ti ? 68x109 mm Titanium 170 g JIS
Hope Ti 2003 68x121 mm Titanium 187 g JIS
Klein Pressed-in BB 1996 113 mm Steel 210 g JIS, 2 bearings
KMR Cycles Titanium 2004 68x107 mm Titanium 150 g 147 g −2,00% JIS, Aluminum cups, standard bearings
New Ultimate ISIS 2004 68x108 mm Scandium 117 g ISIS, double bearing version, excl. long Al crank fixing bolts (+29 g)
New Ultimate ISIS 2004 68x108 mm Scandium 129 g 129 g ±0,00% ISIS, excl. bolts (+16 g for stock Al bolts), max. 80 kg
Pazzaz PZ-BB-01CB 2004 68x108 mm Steel 149 g 145 g −2,68% ISIS, w/out crank fixing bolts
Phil Wood ? 2001 103 mm Titanium 135 g Square
Phil Wood Premium Titanium 2003 68x108 mm Titanium 142 g 145 g +2,11% JIS, BSA
Race Face Evolve FR 2003 68/73x113 mm Steel 280 g 291 g +3,93% ISIS, w/out bolts
Race Face Evolve XC 2003 68/73x113 mm Steel 235 g 233 g −0,85% ISIS, w/out bolts (+ 42 g)
Race Face Signature Ti 2002 68/73x108 mm Titanium 190 g ISIS, w/out bolts (+ 36 g)
Race Face Signature Ti 2002 68/73x113 mm Titanium 195 g 195 g ±0,00% ISIS, w/out bolts (+ 36 g)
Race Face Signature Ti 2004 68/73x108 mm Titanium 190 g 187 g −1,58% ISIS, w/out M12 steel bolts (+ 37 g), averaged (185/189)
Race Face Signature XS 2002 68/73x108 mm Steel 210 g 217 g +3,33% ISIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Signature XS 2002 68/73x113 mm Steel 220 g 227 g +3,18% ISIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Signature XS 2003 68/73x108 mm Steel 210 g 215 g +2,38% ISIS, w/out crank fixing bolts (+ 40 g)
Race Face Signature XS 2003 68/73x113 mm Steel 220 g 224 g +1,82% ISIS, w/out crank fixing bolts
Race Face SRX 2003 68/73x113 mm Steel 245 g 247 g +0,82% ISIS, + 35 g for crank fixing bolts
Race Face SRX 2004 68/73x108 mm Steel 230 g 210 g −8,70% ISIS, w/out bolts (+ 45 g)
Race Face Taper Lock 2001 68/73x113 mm Steel 225 g JIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Taper Lock 2002 68/73x110 mm Steel 218 g 221.5 g +1,61% JIS, w/out crank fixing bolts, averaged (220/223)
Race Face Taper Lock Ti 2000 68/73x107 mm Titanium 160 g JIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Taper Lock Ti 2000 68/73x110 mm Titanium 164 g JIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Taper Lock Ti 2002 68/73x107 mm Titanium 164 g 163 g −0,61% JIS, w/out crank fixing bolts
Race Face Taper Lock Ti 2002 68/73x110 mm Titanium 173 g JIS, w/out crank fixing bolts
Race Face XS 2001 ? Steel 262 g ISIS
Real Cromo ? 73x110 mm Steel 226 g JIS
Real Ti 2001 68x110 mm Titanium 166 g JIS
Royce Racing Gold 2004 68x103 mm Titanium 160 g 160 g ±0,00% JIS, Carbon sleeve
Royce Titanium 2003 73x103 mm Titanium 183 g JIS
Shimano 105 SM-FC5600 2007 ? 98 g BSA
Shimano Alivio BB-LP25 1995 68x110 mm Steel 379 g JIS
Shimano BB-7410 ? 68x103 mm Steel 216 g JIS
Shimano BB-ES30 2003 73x121 mm Steel 278 g Octalink
Shimano BB-ES50 2002 68x113 mm Steel 265 g Octalink
Shimano BB-ES50 2003 73x113 mm Steel 265 g Octalink
Shimano BB-ES51 2003 68x121 mm Steel 276 g Octalink
Shimano BB-ES70 ? 113 mm Steel 255 g 254 g −0,39% Octalink
Shimano BB-ES70 2001 113 mm Steel 255 g 260 g +1,96% Octalink
Shimano BB-ES70 2001 73x118 mm Steel 264 g Octalink
Shimano BB-ES70 2002 68x113 mm Steel 255 g 257 g +0,78% Octalink, w/out bolts (+ 38 g)
Shimano BB-ES71 2002 73x118 mm Steel 264 g Octalink
Shimano BB-ES71 2003 68x113 mm Steel 252.3 g Octalink, averaged (250/253/254)
Shimano BB-ES71 2003 73x113 mm Steel 255 g Octalink
Shimano BB-LP27 ? 68x110 mm Steel 360 g JIS
Shimano BB-UN25 2002 68x113 mm Steel 330 g JIS
Shimano BB-UN40 ? 73x110 mm Steel 314 g JIS
Shimano BB-UN51 ? 107 mm Steel 312 g JIS, w/out bolts
Shimano BB-UN52 1998 68x110 mm Steel 307 g JIS
Shimano BB-UN52 2000 68x113 mm Steel 310 g JIS
Shimano BB-UN53 2006 68x107 mm Steel 296 g JIS
Shimano BB-UN53 2006 68x115 mm Steel 307 g JIS
Shimano BB-UN73 2002 68x110 mm Steel 250 g 254 g +1,60% JIS
Shimano BB-UN73 2003 73x113 mm Steel 265 g JIS
Shimano BB-UN73 2004 68x113 mm Steel 263.7 g JIS
Shimano BB-UN91 1995 68x107 mm Steel 220 g JIS, w/out bolts
Shimano Deore LX BB-UN52 ? 68x107 mm Steel 304 g JIS
Shimano Deore LX BB-UN52 1998 68x110 mm Steel 307 g JIS
Shimano Deore LX BB-UN52 1999 68x110.5 mm Steel 304 g JIS
Shimano Deore XT BB-UN72 1998 68x113 mm Steel 254 g JIS
Shimano Deore XT BB-UN72 1998 68x115 mm Steel 245 g JIS
Shimano Deore XT BB-UN72 1998 68x122 mm Steel 257 g JIS, BSA
Shimano Deore XT BB-UN72 1998 70x115 mm Steel 256 g JIS, ITA
Shimano Deore XT BB-UN72 1999 68x110.5 mm Steel 248 g JIS
Shimano Deore XT BB-UN72 1999 68x127.5 mm Steel 265 g JIS
Shimano Deore XT BB-UN72 2001 68x110 mm Steel 246 g JIS, averaged (244/245/249)
Shimano Deore XT BB-UN72 2001 73x107 mm Steel 245 g JIS
Shimano Dura-Ace BB-7700 2003 68x109.5 mm Steel 173 g 175 g +1,16% Splined
Shimano Dura-Ace BB-7700 25th Anniversary Edition 2001 68x109.5 mm Steel 173 g 176 g +1,73% Splined, BSA
Shimano Dura-Ace BB-7703 2003 ??x118.5 mm Steel 217 g 211 g −2,76% Splined
Shimano Dura-Ace SM-FC7800 2004 ? 98 g BSA, averaged (97/99)
Shimano Dura-Ace SM-FC7800 2007 ? 98 g BSA
Shimano Tourney BB-TS50 2006 68x110 mm Steel 255 g JIS
Shimano Ultegra BB-6500 1998 68x109.5 mm Steel 221.5 g 224 g +1,13% Octalink, BSA
Shimano Ultegra BB-6500 2000 70x109.5 mm Steel 221.5 g 239 g +7,90% Octalink, ITA
Shimano Ultegra BB-6500 2001 68x109.5 mm Steel 221.5 g 237 g +7,00% Octalink, BSA
Shimano Ultegra BB-6500 2003 68x109.5 mm Steel 221.5 g 231 g +4,29% Octalink, BSA
Shimano Ultegra BB-6500 2003 68x118.5 mm Steel 242 g 248 g +2,48% Octalink V1, for triple cranksets
Shimano Ultegra BB-6500 2004 68x109.5 mm Steel 221.5 g 230 g +3,84% Octalink, BSA
Shimano XTR 2000 116 mm Steel 215 g Splined
Shimano XTR BB-M950 2002 112 mm Steel 185 g 184 g −0,54% Splined
Shimano XTR BB-M952 2002 112,5 mm Steel 213 g 215 g +0,94% Splined
Shimano XTR BB-UN91 1998 68x107 mm Steel 220 g JIS
SOUL-KOZAK STT-135 2001 110 mm Titanium 135 g JIS
Specialites TA Axix light pro 2004 68x107 mm Titanium 147.7 g JIS, claimed 145 g @ 103 mm
Specialites TA Titanium 2002 113 mm Titanium 159 g JIS
Specialites TA Titanium 2003 68x103 mm Titanium 145 g 144 g −0,69% ISO
Specialized Titanium 1996 73x107 mm Titanium 150 g 148 g −1,33% JIS, 7075 T6 Al cups, +17 g for Ti crank fixing bolts
SR Suntour BB-DUROLUX-113 2004 68/73x113 mm Steel 234 g ISIS
Stronglight JP 400 2003 68x115 mm Steel 280 g 279 g −0,36% JIS, Al cups
Stronglight SBB 2002 68x110 mm Titanium 190 g 192 g +1,05% JIS
Stronglight SBB 2003 68x110 mm Titanium 190 g 187 g −1,58% JIS
Stronglight Twister Ti 2004 68x108 mm Titanium 187 g 181.5 g −2,94% ISIS, averaged (181/182)
Syncros Double row ? 107 mm Steel 233 g JIS, w/out bolts
Syncros Hardcore 1997 68x107 mm Titanium 174 g JIS, double bearings
Syncros Hardcore 1997 68x122 mm Titanium 182 g JIS, double bearings
Tange TN-96 ? ? Titanium 164 g Square
TOKEN TK874AL(?) 2003 68x113 mm Steel 284 g 300 g +5,63% ISIS, ??w/ M15 crank fixing bolts??, industrial bearings
Truvativ Giga Pipe Max Ti 2004 68/73x113 mm Titanium 222 g 233 g +4,95% ISIS, w/out M15 crank fixing bolts (+37 g), incl. spacer for 73 mm shells
Truvativ GigaPipe SLLT 2005 68/73x113 mm Steel 241 g 249 g +3,32% ISIS, w/out bolts
Truvativ GigaPipe Team DH 2005 68/73x118 mm Steel 320 g ISIS, w/out bolts
Truvativ GigaPipe Team SL 2003 68/73x113 mm Steel 243 g 232 g −4,53% ISIS, w/out M15 crank fixing bolts
Truvativ GigaPipe Team SL 2004 68/73x118 mm Steel 243 g 262 g +7,82% ISIS, w/out M15 crank fixing bolts
Truvativ GigaPipe Team SL 2004 68x108 mm Steel 236 g 234 g −0,85% ISIS, w/out bolts
Truvativ GigaPipe Team Ti 2004 68/73x113 mm Titanium 190 g 210 g +10,53% ISIS, w/out bolts
Truvativ ISIS SL 2001 113 mm Steel 247 g ISIS, w/out bolts
Truvativ Sealex XR 2002 68/73x113 mm Steel 275 g 311 g +13,09% ISIS
tune AC38 2001 73x122 mm Titanium 164 g JIS, BSA, excl. superlong Ti bolts (supplied)
tune AC38 2003 68x104 mm Titanium 145 g 151 g +4,14% Square, incl. washers, excl. Ti elongation bolts (+27 g)
tune AC38 2004 68x113 mm Titanium 158 g 156 g −1,27% JIS, excl. elongation Ti bolts (+29 g)
tune J.U. 2002 108 mm Titanium 140 g Square, Ceramic Hybrid Bearings
tune J.U. 2002 120 mm Titanium 153 g JIS, Ceramic Hybrid Bearings
tune Sixpack Ti 2004 68/73x110 mm Titanium 132 g hex taper, excl. crank fixing bolts
tune Sixpack Ti 2004 68/73x117 mm Titanium 154 g hex taper, incl. crank fixing bolts
tune Sixpack Ti 2005 68x110 mm Titanium 157 g hex taper, incl. crank fixing bolts
tune Skyline Ceramic 2003 104 mm Titanium 116 g Campagnolo taper, full ceramic bearings
White Industries ? 1994 68/73x116 mm Titanium 165 g JIS, stock on Marin Team Marin MTB
World Class Ti ? 107 mm Titanium 155 g Square
World Class Ti 2000 113 mm Titanium 160 g JIS
WR Compositi Carbon (Campagnolo) 2001 111 mm Titanium 164 g ISO
XACD Ti 2003 68x108 mm Titanium 140 g JIS, SKF bearings
Zerolite ISIS Scandium 2004 68x108 mm Scandium 118 g 119 g +0,85% ISIS, w/out bolts

2009年3月16日月曜日

Rear Derailleurs  Weight Weeniesより

Campagnolo Athena 1994 258 g short cage, 8-speed
Campagnolo Centaur 10s 2003 229 g 230 g +0,44% medium cage, 10-speed
Campagnolo Centaur 10s 2003 226.8 g short cage, 10-speed
Campagnolo Chorus 10s 2003 209 g 212 g +1,44% short cage, 10-speed, using a Fiberlyte back plate saves 4 g
Campagnolo Chorus 10s 2004 202 g 203 g +0,50% short cage, 10-speed, averaged (200/206)
Campagnolo Chorus 10s 2005 202 g 204 g +0,99% short cage, 10-speed, averaged (203/205)
Campagnolo Daytona 2002 226 g short cage, 9-speed
Campagnolo Record 1990 208 g 6/7-speed
Campagnolo Record 1996 247 g 8-speed
Campagnolo Record 10s 2001 187 g short cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2002 187 g 192 g +2,67% short cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2003 205 g 204 g −0,49% long cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2003 193 g 196 g +1,55% medium cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2004 193 g 186 g −3,63% medium cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2004 184 g 185.5 g +0,82% short cage, 10-speed, averaged (184/185/186/187)
Campagnolo Record 10s 2005 193 g 188 g −2,59% medium cage, 10-speed, averaged (188/188)
Campagnolo Record 10s 2005 184 g 185 g +0,54% short cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2007 184 g 188 g +2,17% short cage, 10-speed
Campagnolo Record 10s 2008 184 g 187 g +1,63% short cage, 10-speed
Campagnolo Super Record 1983 188 g
Campagnolo Veloce 10s 2007 250 g 249 g −0,40% short cage, 10-speed
Campagnolo Xenon 2004 254 g 257 g +1,18% short cage, 9-speed
CarbonSports Lightweight RD 2008 120 g 122 g +1,67% shifts not really good compared to Campy or Shimano
DMR STS Simple Tension Seeker 2007 103 g 118 g +14,56%
DMR Tension Seeker 2003 91 g 92 g +1,10% singlespeed tensioner w/ alloy pulley
Fibre-Lyte Campagnolo Record/Chorus inner cage plate 2004 6 g 6 g ±0,00% 9/10-speed carbon fibre, 55 mm pulley centres
Fibre-Lyte Shimano Dura-Ace/Ultegra inner cage plate 2003 6 g 6 g ±0,00% 9-speed, carbon fibre, 49.4 mm pulley centres
Mavic SSC 851 1986 165 g 171 g +3,64% non-indexed, dark grey ano., held together w/ circlips, cartridge bearing pulleys, adjustable lower cage
Mavic ZAP 1996 241 g 319 g total weight incl. electronic shifters and batteries
Paul CNC rear derailleur 1995 186 g
Paul Melvin (singlespeed tensioner) 2003 101 g silver non-anodize color (sure?), incl. all hardware
Precision Billet Proshift ? 180 g
Precision Billet Proshift 2002 176 g 67 mm (year correct?)
Precision Billet Proshift MK2 2003 178 g
Rohloff Kettenspanner 8250 (chain tensioner) 2001 110 g 106 g −3,64% spacers +2 g; weight claim is for '03 model
Sachs Plasma 1998 192 g long cage
Sachs Quartz 1998 239 g
Shimano 105 RD-1050 1987 257 g short cage
Shimano 105 RD-5500-GS 2003 232 g 229 g −1,29% long cage
Shimano 105 RD-5501-SSL 2004 228 g 229 g +0,44% short cage, black
Shimano 2200 RD-2200 2002 288 g 8-speed
Shimano 600 RD-6207 1984 201 g short cage
Shimano Acera RD-M340-L 2004 338 g long cage, 7/8-speed, black
Shimano Acera X 1997 271 g long cage
Shimano Alivio RD-M410 2007 312 g averaged (312/312)
Shimano Alivio RD-MC14 1996 280 g 279 g −0,36% long cage
Shimano Altus C10 RD-CT10-SGS 1993 282 g long cage
Shimano Altus RD-CT95 2007 325 g averaged (324/326)
Shimano Capreo RD-F700 2004 292 g 9-speed, 86 mm cage
Shimano Deore DX RD-M650-SGS 1993 320 g 310 g −3,13% long cage
Shimano Deore LX 1998 281 g long cage
Shimano Deore LX 1998 249 g short cage(?)
Shimano Deore LX RD-M570 1999 288 g long
Shimano Deore LX RD-M570 2002 288 g long cage
Shimano Deore RD-DE10 1982 218 g middle cage
Shimano Deore RD-M510 2001 300 g 296 g −1,33% long cage, black
Shimano Deore RD-M510 2003 300 g 300 g ±0,00% long cage
Shimano Deore RD-M510-L 2002 300 g long cage
Shimano Deore RD-M510-L 2004 300 g 301 g +0,33% long cage
Shimano Deore RD-M530 2007 316 g 317.5 g +0,47% averaged (317/318)
Shimano Deore XT ? 245 g
Shimano Deore XT 1998 249 g
Shimano Deore XT RD-M737 1994 240 g long cage
Shimano Deore XT RD-M737 (tuned) 1994 224 g tuned w/ Al hanger bolt
Shimano Deore XT RD-M750-GS 2000 245 g 242 g −1,22%
Shimano Deore XT RD-M750-GS 2002 245 g short cage
Shimano Deore XT RD-M750-GS (tuned) 2002 217 g short cage, fixing bolt replaced w/ SRP Al bolt
Shimano Deore XT RD-M750-SGS 1999 255 g 247 g −3,14% long cage
Shimano Deore XT RD-M750-SGS 2002 255 g 255 g ±0,00% long cage
Shimano Deore XT RD-M750-SGS 2003 255 g 246 g −3,53% long cage
Shimano Deore XT RD-M760-GS 2004 232 g 230 g −0,86% short cage
Shimano Deore XT RD-M760-GS 2005 232 g 231 g −0,43% short cage
Shimano Deore XT RD-M760-SGS 2004 265.25 g long cage, averaged (263/265/266/267)
Shimano Deore XT RD-M761-SGS 2007 265 g 267 g +0,75% long cage, averaged (267/267)
Shimano Deore XT RD-M772-SGS 2008 225.5 g long cage, Shadow type, averaged (225/226)
Shimano Dura-Ace RD-7401 1987 209 g
Shimano Dura-Ace RD-7410 1996 207 g 8 speed, max 26T.
Shimano Dura-Ace RD-7700 1999 195 g 195 g ±0,00%
Shimano Dura-Ace RD-7700 2001 195 g 195 g ±0,00% max 27T.
Shimano Dura-Ace RD-7700 2002 195 g 197 g +1,03% max 27T.
Shimano Dura-Ace RD-7700 2003 195 g 196 g +0,51% max. 27T.
Shimano Dura-Ace RD-7800-GS 2005 192 g 190 g −1,04% long cage for triple
Shimano Dura-Ace RD-7800-SS 2004 180 g 181.1 g +0,61% 9/10-speed compatible, averaged (180/180.5/181/181.6/181.66/182)
Shimano Dura-Ace RD-7800-SS 2005 182.6 g averaged (180/182/186)
Shimano Dura-Ace RD-7800-SS 2007 180 g 182 g +1,11%
Shimano Dura-Ace RD-7800-SS (tuned) 2004 173 g w/ SRP Al bolt kit (hanger, pulleys, cable clamp)
Shimano Dura-Ace RD-7800-SS (tuned) 2005 176 g w/ SRP Al bolt kit
Shimano Exage 300LX RD-M300-SGS 1991 317 g long cage
Shimano Exage Motion RD-A250 1989 271 g short cage
Shimano Santé RD-5001 1988 193 g short cage
Shimano Sky Lark 1967 273 g short cage, incl. integrated derailleur hanger, from late 60s
Shimano STX-RC RD-MC38 1997 292 g long cage
Shimano Tiagra RD-4400-GS 2003 280 g 283 g +1,07% long cage, 9 -peed for road triples
Shimano Tiagra RD-4400-SS 2003 265 g for double crank
Shimano Tiagra RD-4500-SS 2007 257 g
Shimano Tourney 10 1988 294 g short cage
Shimano UItegra RD-6500-SS 1998 215 g 216 g +0,47% short cage
Shimano Ultegra RD-6500-GS 2004 221 g 225 g +1,81% long cage
Shimano Ultegra RD-6500-SS 2001 215 g 218 g +1,40% short cage, max. 27T.
Shimano Ultegra RD-6500-SS 2003 215 g 217.1 g +0,98% short cage, max. 27T., averaged (216.2/218)
Shimano Ultegra RD-6600-SS 2005 209 g 205 g −1,91% short cage
Shimano Ultegra RD-6600-SS 2006 209 g 206 g −1,44% short cage
Shimano Ultegra RD-6600-SS 2007 209 g 206 g −1,44% short cage
Shimano XTR RD-M900 1993 214 g medium cage, tuned w/ Al mounting bolt
Shimano XTR RD-M910 1995 219 g averaged (218/220)
Shimano XTR RD-M950 1997 200 g pulleys and cable bolts tuned
Shimano XTR RD-M950-GS 1997 207 g short cage
Shimano XTR RD-M952-GS 1999 207 g 207 g ±0,00% short cage
Shimano XTR RD-M952-GS 2000 207 g 211 g +1,93% short cage
Shimano XTR RD-M952-GS 2002 210 g short cage
Shimano XTR RD-M952-GS (tuned) 2001 205 g short cage (Ti & Al bolts)
Shimano XTR RD-M952-GS (tuned) 2001 192 g short cage (Ti cable clamp bolt, Al Pivot & pulley bolts)
Shimano XTR RD-M952-GS (tuned) 2002 194.8 g Al cable clamp, fixing bolt and pulley bolts, Fibre Lyte carbon inner plate, drilled pulleys
Shimano XTR RD-M952-SGS 1999 233 g long cage
Shimano XTR RD-M952-SGS 2000 236 g long cage
Shimano XTR RD-M952-SGS 2002 235.75 g long cage, averaged (234/235/236/238)
Shimano XTR RD-M953-SGS 1999 207 g 207 g ±0,00% long cage, Rapid Rise
Shimano XTR RD-M960-GS 2003 198 g 198 g ±0,00% Low Normal Rear Derailleur, averaged (197/198/199)
Shimano XTR RD-M960-GS 2004 198 g 199 g +0,51% short cage
Shimano XTR RD-M960-SGS 2003 200 g long cage
Shimano XTR RD-M960-SGS 2004 203 g long cage
Shimano XTR RD-M960-SGS 2005 203 g long cage, averaged (202/204)
Shimano XTR RD-M970-SGS 2007 199 g 199 g ±0,00% long cage, low normal
Shimano XTR RD-M971-GS 2007 196.8 g short cage, top normal, averaged (196.5/197/197)
Shimano XTR RD-M971-SGS 2007 197 g long cage, top-normal
Shimano XTR RD-M972-GS 2008 180 g 180 g ±0,00% medium cage, Shadow type
Shimano XTR RD-M972-SGS 2008 182 g 181 g −0,55% long cage, Shadow type
SR Suntour RD-Durolux-SGX 2005 281 g compatible w/ Shimano & ESP, pulleys 13T/15T, capacity 45T
SRAM ESP 4.0 2001 239 g long cage, averaged (237/241)
SRAM ESP 5.0 2002 320 g
SRAM ESP 7.0 2000 286 g long cage
SRAM ESP 7.0 2002 253 g
SRAM ESP 9.0 2001 258 g
SRAM ESP 9.0 2003 265 g
SRAM ESP 9.0 SL ? 198 g
SRAM ESP 9.0 SL 1998 182 g 182 g ±0,00% short cage
SRAM ESP 9.0 SL 1999 198 g 193 g −2,53% long cage, fake carbon body
SRAM ESP 9.0 SL 1999 182 g 187 g +2,75% short cage
SRAM ESP 9.0 SL 2001 248 g
SRAM ESP 9.0 SL medium cage 2002 250 g
SRAM Force 2007 176 g 178 g +1,14% averaged (178/178/178)
SRAM Plasma ? 193 g averaged (192/194)
SRAM Plasma D.I.R.T. 2001 207 g
SRAM Quarz ? 200 g
SRAM Red 2008 153 g 146 g −4,58%
SRAM Rival 2007 188 g 189 g +0,53%
SRAM X.0 2002 208 g 204 g −1,92% long cage, avrg (206/210)
SRAM X.7 2004 268 g long cage
SRAM X.7 2005 275 g 270 g −1,82% long cage
SRAM X.7 2007 270 g 268 g −0,74% long cage
SRAM X.9 2004 255 g 260 g +1,96% long cage
SRAM X.9 2004 248.5 g medium cage, averaged (245/252)
SRAM X.9 2005 244.5 g long cage, averaged (243/246)
SRAM X.9 2005 237.3 g medium cage, averaged (236/236/240)
SRAM X.9 2006 238 g 239 g +0,42% long cage
SRAM X.9 2007 219.87 g medium cage, manufactured 09 May 07, Mettler PM2000 balance
SRAM X.9 2007 212 g 206 g −2,83% short cage
SRAM X.O 2003 210 g 210.5 g +0,24% long cage, averaged (210/211)
SRAM X.O 2003 200 g 200 g ±0,00% medium cage
SRAM X.O 2004 210 g 211 g +0,48% long cage, averaged (210/212)
SRAM X.O 2004 200 g 205 g +2,50% medium cage, averaged (204/206)
SRAM X.O 2005 204 g 207.5 g +1,72% medium cage, averaged (207/208)
SRAM X.O 2006 194 g Carbon, medium cage
Suntour Cyclone M-II 1985 170 g
Suntour NCX-600 2001 297 g
Suntour Seven 1977 308 g short cage
Suntour Superbe Pro 8s 1989 201 g short cage, year is 1989 or later
Suntour XC 9010 Accushift 1989 264 g long cage
Surly Singulator 2001 107 g chain tensioner for singlespeed
Surly Singulator 2004 124 g chain tensioner for singlespeed
Tiso Altore 366 2003 179 g 179 g ±0,00% dry weight, + 1 g for grease
Tiso Sereo 130 2003 177 g 177 g ±0,00%
Tiso Venda ? 193 g

2009年3月13日金曜日

SCHWALBE ULTREMO HD-VF



新しいSCHWALBE ULTREMO HD-VFのレースタイヤは、大きい技術的進歩です。


重さは約195gの超軽量タイヤです。 米国宇宙計画で使われる材料を使い、速く、そして軽いタイヤがこのSCHWALBE ULTREMO HD-VFです。
「新しく発達したHD-V Guard(高いDensity Vectran)は、パンク保護と重さに関して高品質の自転車タイヤの建設の新次元の鍵」と、オルガーヤーン(Bohles技術部長)が説明しました。


「現在、より強い素材は、自転車タイヤ技術の中に存在しません。」、ワーウィックミルズファブリックで使われるVectran繊維は、チタンとして抵抗して、鋼より5倍強いものです。
特許を受けたプロセスを用いて編まれて、織物は減らされた抵抗高さをとりわけ、自転車タイヤと防弾チョッキを着て、Aramid(それが使われます)より3回高くします。
高密度に織られたファブリックとしてでなく以外、むしろゆるく一括販売される繊維として、テクノロジーを編むことは、Vectranが他の自転車タイヤブランドで見つけられることもできます。


自転車タイヤ同様の

「強いけれども、それは繊維でなく、より正確にパンク保護の違いを作る特許を受けた織物技術です。」
「高密度に織られるだけだったVectranは、最適保護を提供します」

と、オルガーヤーンが強調しました。どちらが最も高密度に、編まれて世界のためのその特許(強度の糸構造)であるか、ワーウィックミルズは、その織物技術に関する14の国際的な特許を持ちます。
ワーウィックミルズ革新は、それをこの部分の誰もが認める全世界のリーダーにします。


HD-V Guardは、シュオルグだけと、そのために開発されました。Ultremoが保護地帯を超照らす、そして、とてもすばらしく、薄く被覆127epi死体がかなりの200グラムの「バリア」の下でそれを保つのを助けて、
Vectranファブリックもタイヤ低い重さに貢献します。

Front Derailleurs  Weight Weeniesより

B-T-P Campagnolo Record 2004 braze-on 58 g 58 g ±0,00% 10-speed
B-T-P Campagnolo Record 2005 braze-on 55 g 53.5 g −2,73% 10-speed, averaged (53/54)
Campagnolo Athena 1994 braze-on 102 g 8-speed
Campagnolo Centaur 2003 braze-on 92 g 93 g +1,09% 10-speed
Campagnolo Centaur Triple 2003 braze-on 107 g 102 g −4,67% 10-speed, for triple cranksets
Campagnolo Chorus 2003 31.8 mm 101 g 10-speed(?)
Campagnolo Chorus 2004 braze-on 74 g 76 g +2,70% 10-speed
Campagnolo Chorus 2005 31.8 mm 89 g 10-speed
Campagnolo Chorus CT 2005 34.9 mm 93 g 10 speed, for compact crankset
Campagnolo Chorus CT 2005 braze on 78 g 78 g ±0,00% 10-speed, for compact crankset
Campagnolo Chorus Triple 2004 31.8 mm 114 g 10-speed
Campagnolo Chorus Triple 2005 braze-on 98 g 97 g −1,02% 10-speed
Campagnolo Daytona 2002 34.9 mm 108 g 10-speed
Campagnolo Record 1996 braze-on 93 g 8-speed, DP
Campagnolo Record 10s 2002 braze-on 91 g 92 g +1,10% 10-speed
Campagnolo Record 10s 2004 28.6 mm 86 g 10-speed, for double chainrings
Campagnolo Record 10s 2004 32 mm 88 g 10-speed, for double chainrings
Campagnolo Record 10s 2004 34.9 mm 86 g 10-speed, for double chainrings
Campagnolo Record 10s 2004 braze-on 69 g 69.5 g +0,72% 10-speed, averaged (68/71)
Campagnolo Record 10s 2005 braze-on 69 g 70 g +1,45% 10-speed
Campagnolo Record CT 2005 32 mm 89 g 10-speed
Campagnolo Record CT 2005 34.9 mm 89 g 10-speed
Campagnolo Record CT 2005 braze-on 75 g 73 g −2,67% 10-speed, averaged (72/74)
Campagnolo Record CT QS 2007 braze-on 75 g 80 g +6,67% 10-speed
Campagnolo Record QS STD + CT 2008 braze-on 75 g 74 g −1,33%
Falcon Falcon 2001 28.6 mm 165 g DP
FSA C-16 2006 braze-on 89 g 90 g +1,12%
Precision Billet ? 2002 ??? 126 g TP/DP, no replaced bolts
Shimano 105 FD-1050 1987 28.6 mm 103 g DS, DP
Shimano 105 FD-5500 2003 31.8 mm 97 g claimed 84 g for braze-on
Shimano 105 FD-5600-F 2006 braze-on 88 g
Shimano 105 FD-5603-B 2007 31.8 mm 126 g for triple cranksets
Shimano 105 SC (FD-1057) 1998 braze-on 122 g
Shimano 105 SC FD-1056-F 1995 braze-on 94.6 g
Shimano Acera FD-M330 2002 31.8 mm 170 g TP, TS
Shimano Adamas AX 1982 28.6 mm 149 g DP, DS
Shimano Alivio 1998 34.9 mm 141 g TP, TS
Shimano Alivio 2001 34.9 mm 152 g TP, TS
Shimano Alivio FD-MC14 1996 28.6 mm 144 g 141 g −2,08% DP, TS
Shimano Deore DX FD-M650 1993 28.6 mm 117 g 124 g +5,98% DP, DS
Shimano Deore DX FD-M651 1993 31.8 mm 117 g 129 g +10,26% TP, DS
Shimano Deore FD-M510 2003 34.9 mm 128 g 130 g +1,56% DualPull, TS
Shimano Deore LX 1998 31.6 mm 130 g DP
Shimano Deore LX FD-M570 2000 31.8 mm 128 g
Shimano Deore LX FD-M570 2000 34.9 mm 140 g DP
Shimano Deore LX FD-M570 2001 31.8 mm 125 g DP, TS
Shimano Deore LX FD-M570 2003 34.9 mm 125 g DP, TS
Shimano Deore LX FD-M570 2004 34.9 mm 125 g DP, TS
Shimano Deore LX FD-M570-E 2000 E-type 137 g TS, DP
Shimano Deore LX FD-M571 2002 31.8 mm 140 g 135 g −3,57% DS, TP or DP?
Shimano Deore LX FD-M571 2004 34.9 mm 139 g TP, DS
Shimano Deore LX FD-M580 2005 34.9 mm 174 g 168 g −3,45% Dual Pull, TS, add 6.7 g for 31.8 mm and an additional 11.1 g for 28.6 mm shims
Shimano Deore LX FD-M580-E 2006 E-Type 183 g 183 g ±0,00% TS, Dual Pull
Shimano Deore LX FD-M581 2005 31.8 mm 176 g 177 g +0,57% DP, DS
Shimano Deore XT FD-M731 ? 34.9 mm 137 g TP
Shimano Deore XT FD-M735 1990 28.6 mm 116 g DP, DS
Shimano Deore XT FD-M735 1994 34.9 mm 125 g DP, tuned w/ 2 Ti bolts
Shimano Deore XT FD-M737 ? 31.8 mm 138.5 g TP
Shimano Deore XT FD-M737 ? 34.9 mm 129 g TP
Shimano Deore XT FD-M737 1998 31.8 mm 135 g DP, DS
Shimano Deore XT FD-M737 1998 31.8 mm 130 g TP
Shimano Deore XT FD-M738 1998 28.6 mm 137 g TP, DS, 8-speed
Shimano Deore XT FD-M739 1996 31.8 mm 129 g TP, TS
Shimano Deore XT FD-M750 ? 34.9 mm 123 g 124 g +0,81% TP, TS
Shimano Deore XT FD-M750 2000 28.6 mm 123 g 124 g +0,81% ?P, TS
Shimano Deore XT FD-M750 2002 34.9 mm 123 g 125 g +1,63% TP, TS
Shimano Deore XT FD-M750 2003 34.9 mm 123 g 124 g +0,81% TP, TS
Shimano Deore XT FD-M750-E ? E-Type 133 g 135 g +1,50% TP
Shimano Deore XT FD-M750-E 2003 E-Type 133 g 138 g +3,76% TP
Shimano Deore XT FD-M751 2002 31.8 mm 138 g 138 g ±0,00% TP, DS
Shimano Deore XT FD-M751 2002 34.9 mm 138 g 138 g ±0,00% TP, DS
Shimano Deore XT FD-M751 2003 34.9 mm 138 g 134 g −2,90% TP, DS
Shimano Deore XT FD-M760 2004 34.9 mm 158 g 167.75 g +6,17% Dual Pull, TS, (+6 g for 31.8 mm insert), averaged (166.5/169)
Shimano Deore XT FD-M761 (tuned) 2004 34.9 mm 165.2 g Dual Pull, DS, tuned with Al bolts
Shimano Deore XT FD-M770 2008 34.9 mm 149 g Dual Pull, TS
Shimano Deore XT FD-M771 2008 34.9 mm 160 g DualPull ,TS, +3 g for 31.8 mm reducing shim
Shimano Dura-Ace FD-7400 1988 braze-on 90 g DS, DP
Shimano Dura-Ace FD-7410 1996 braze-on 91 g clamp type is 97 g
Shimano Dura-Ace FD-7700 2000 31.8 mm 83 g
Shimano Dura-Ace FD-7700 2001 ??? mm 82 g w/ clamp
Shimano Dura-Ace FD-7700-F 1999 braze-on 72.5 g 73 g +0,69%
Shimano Dura-Ace FD-7700-F 2001 braze-on 72.5 g 73 g +0,69% w/ bolts
Shimano Dura-Ace FD-7703 2003 ?? mm 134 g band type, triple
Shimano Dura-Ace FD-7703 2003 braze-on 103 g 103 g ±0,00% 9-speed, triple
Shimano Dura-Ace FD-7800-BM 2004 31.8 mm 83 g double, 10-speed
Shimano Dura-Ace FD-7800-BM 2006 34.9 mm 81.5 g double, 10-speed
Shimano Dura-Ace FD-7800-F 2004 braze-on 74 g 71.5 g −3,38% double, 10-speed, averaged (70/73)
Shimano Dura-Ace FD-7800-F 2005 34.9 mm 102 g braze-on with SM-AD15 clamp
Shimano Dura-Ace FD-7800-F 2005 braze-on 74 g 73 g −1,35% double, 10-speed
Shimano Exage Country FD-M250 1988 28.6 mm 141 g DS, DP
Shimano Exage Motion FD-A250 1989 28.6 mm 126 g DS, DP
Shimano SM-AD11 braze-on clamp adapter 1999 ? 27 g 31.8 mm clamp for braze-on derailleurs
Shimano STX-RC 1998 34.9 mm 126 g TP, BS
Shimano Tiagra FD-4400 2001 31.8 mm 103 g
Shimano TY-22 1997 34.9 mm 186 g DP, TS
Shimano Ultegra FD-6500 1998 28.6 mm 96 g
Shimano Ultegra FD-6500 2003 28.6 mm 95 g
Shimano Ultegra FD-6500 2003 braze-on 81 g 80 g −1,23% +30 g for 35 mm band adaptor
Shimano Ultegra FD-6500 2004 31.8 mm 98 g
Shimano Ultegra FD-6503 2003 31.8 mm 106 g band type, triple
Shimano Ultegra FD-6503 2004 braze-on 98 g 9-speed, triple
Shimano Ultegra FD-6600-B 2005 31.8 mm 103 g 104 g +0,97%
Shimano Ultegra FD-6600-B 2006 31.8 mm 103 g 103.1 g +0,10%
Shimano Ultegra FD-6600-F 2005 braze-on 89 g 89 g ±0,00%
Shimano XTR ? ? 124 g
Shimano XTR FD-M900 1994 34.9 mm 120 g DP, w/ 2 Ti bolts
Shimano XTR FD-M901 1992 31.8 mm 111 g TP, DS
Shimano XTR FD-M901 1998 34.9 mm 121 g DS, TP
Shimano XTR FD-M950 ? 34.9 mm 109 g DP
Shimano XTR FD-M950-E 1998 E-Type 125 g DP
Shimano XTR FD-M952 2000 31.8 mm 115 g DP, averaged (113/117)
Shimano XTR FD-M952 2001 ? 122 g DP
Shimano XTR FD-M952 2002 31.8 mm 117 g 117 g ±0,00% DP, TS
Shimano XTR FD-M952 2002 34.9 mm 117 g 115 g −1,71% DP, TS
Shimano XTR FD-M952 2002 34.9 mm 117 g 112.5 g −3,85% TP, TS, averaged (111/114)
Shimano XTR FD-M952-E 2000 E-Type 127 g 116 g −8,66% TS, DP(?)
Shimano XTR FD-M952-E 2000 E-Type 127 g 123 g −3,15% TS, TP
Shimano XTR FD-M952-E 2002 E-Type 127 g 123.5 g −2,76% TS, TP, averaged (123/124)
Shimano XTR FD-M953 (tuned) 2002 34.9 mm 125 g DS, TP, w/ Al bolts
Shimano XTR FD-M960 2004 34.9 mm 132 g 130 g −1,52% Top Swing, Dual Pull
Shimano XTR FD-M960 2005 31.8 mm 132 g 131 g −0,76% Top Swing, Dual Pull
Shimano XTR FD-M960-E 2003 E-Type 145 g 145 g ±0,00% Top Swing Dual Pull Front Derailleur (BB mount)
Shimano XTR FD-M961 2003 ? 148 g Standard Link Type Dual Pull Front Derailleur
Shimano XTR FD-M961 2003 34.9 mm 148 g 151 g +2,03% Down Swing, Dual Pull
Shimano XTR FD-M961 2004 31.8 mm 148 g 148 g ±0,00% Down Swing, Dual Pull
Shimano XTR FD-M970 2007 31.8 mm 133 g Top Swing, Dual Pull, incl. 31.8 mm adapter
Shimano XTR FD-M970 2007 34.9 mm 126 g Top Swing, Dual Pull, averaged (125/127)
Shimano XTR FD-M970-E 2008 E-Type 142 g 143 g +0,70% Top Swing Dual Pull Front Derailleur (BB mount)
Shimano XTR FD-M971 2007 34.9 mm 150 g Down Swing, Dual Pull
SRAM 5 2000 34.9 mm 112 g TP
SRAM 9 ? ? 131 g
SRAM Force 2007 31.8 mm 102 g 102 g ±0,00%
SRAM Force 2007 braze-on 88 g 87.6 g −0,45% averaged (87/88/88)
SRAM Force 2008 braze-on 88 g 83 g −5,68%
SRAM Quartz ? 31.8 mm 118 g Dual Pull
SRAM Red 2008 braze-on 58 g 70.6 g +21,72% averaged (70/70/72)
SRAM Rival 2007 braze-on 88 g 87 g −1,14%
SRAM Rival 2008 34.9 mm 102 g 100 g −1,96%
SRAM X-Gen 2005 34.9 mm 182 g DS, Dual Pull, (+4 g for 31.8 mm insert), averaged (181/183)
Suntour Cyclone 1982 28.6 mm 102 g DP, DS
Suntour Seven 1977 28.6 mm 116 g DP, DS

2009年3月12日木曜日

Fizik Antares Saddle

Fizik Antares Saddleのレビュー記事。

約2万円
177g

サドルを比較して、Fizikサドルに座った最初の経験は、Arioneでした。
それは、大部分のサドルより非常に長く、アンタレスとSelleITALIA-SLRより25mm長い見事なサドルです。私は、これがあなたに大きいギアを回すか、踏むために腰を動かすより多くの自由を与えることになっていると思います。


しかし、それにもかかわらず、4つで、そして、それで最も狭いことは窮屈です。
私はこのサドルが間違った場所で打って、実際にちょっとした失望であるとわかりました
トレーナーの上で特に、このサドルに乗るとき、私は「麻痺したようになる」傾向があります。



私は、およそ9ヵ月前、Fizik-Alianteを購入しました。
そして、私がこれまでにためした全く最も快適なサドルであるために、それを試してしてください。私は、Alianteの快適さへの秘密が中であると思っています。
椅子は、ハンモックのように下げられます。上の絵の中で、金のメッシュに気がついてください。
それは、基本的に、floatationを許すファブリック織りです。Fizik-AlianteFizik-Antaresには、より従来のカーボンシェル(SLRがそうして)があります。
上げられた背中に対して押し戻されるか、前にパッドを入れられた鼻に押しつけられるかどうかに関係なく、Fizik-Alianteは最高に快適です。
Fizik-Alianteで、それはあなたが参加するように、サドル対存在がそれに座ったのを感じます。私は、サドルに対しての不満をFizik-Alianteについて言うことができません。


それで、Fizik-Antaresは、どのようにそうしますか?奇妙にもFizik-Alianteは束を最も外れていて、Fizik-Alianteよりわずかに長いです。
それには非常により貧弱なプロフィールがあって、非常に軽量な177グラム(カーボン鉄道輸送されたバージョンが、もう30ドルがかかる145グラムの重さです)の重さです。
最初の観察で、私はそれがSelleITALIA-SLRの感触を模倣すると思いました:乗れるが、必ずしも心地よくない。驚くほどに、アンタレスは素晴らしかったです。それにもかかわらず、細い横顔はあります。
パッドは濃いが、快適です、そして、それは完全に幅で支持します。貴方は骨を座らせます。Fizik-Alianteと同様に、後部の方の快適な着席時間であったが、丘の上で回ることをかぎつける勘で、まだ十分なパッドを提供しました。


サドルは、40+マイルのドライブ(私がSelleITALIA-SLRについて決して言うことができなかった何か)について、非常に快適でした。私は、私の自転車でこれをためしたいと思っています
また、十分なクッションを前線基地エアロバー乗馬に対して提供する間、鼻がFizik-Alianteより多くの拡張をして。
全体として、私はまだ、Fizik-Alianteがこれまでに最も快適な自転車サドルであると思います。Fizik-Antaresは、私の第2の大好きなサドルです — トライアスロンとタイムトライアルの良い解決であることがわかりさえするかもしれない重さ嫌な奴層の軽量代わり。私がそれで自転車で若干の時間を過ごしたとき、私はこのチェックを更新します。

Suspension Seatposts  Weight Weeniesより

Airwings ? ? 310 mm 685 g
Answer Body Shock ? 390 mm 577 g
Cane Creek 3G Thudbuster LT 2005 27.2/396 mm 575 g 593 g +3,13% claimed 565-585 g, black anodized
Cane Creek Seatpost Shim 2003 27.2/30.9 mm 41 g 27.2 -> 30.9 mm
Cane Creek Thudbuster ? 360 mm 467 g
Cane Creek Thudbuster 2001 25.4 mm 497 g incl. elastomers (34 g)
Cane Creek Thudbuster ST 2004 27.2/425 mm 471 g "XL" version
Coda Suspension ? 350 mm 444 g
G-Shok G-Shok 2005 25.0/390 mm 643 g 70 mm travel
Hurrycat G-Control XC Sport ? ? 487 g
Kangaroo DADS 45 ? 340 mm 629 g
Moxey ? ? 320 mm 600 g avrg (580/621)
Point PM 1000 ? 360 mm 546 g
RockShox GPS 2004 26.8/350 mm 450 g 537 g +19,33% 45 mm travel
RockShox MTB ? 330 mm 399.75 g
RockShox MTB 2001 27.2/350 mm 403 g 50 mm travel
RockShox Road ? 290 mm 348 g
RST SP 2 ? 375 mm 608 g
Sitting Bull Gold Tomahawk ? 345 mm 750 g
Specialized Shock post 2001 27.2 mm 410 g made by USE for Specialized (from a Sirrus Comp Hybrid bike)
SR Suntour SP-NCX-D 2002 27.2/350 mm 698 g
SR Suntour SP-NCX-D2 2003 27.2/350 mm 705 g
SR Suntour SP-NEX 2005 27.2/350 mm 756 g
USE Shokpost SX 2005 27.2/365 mm 434 g
USE XCR Shokpost 2001 390 mm 358 g 364 g +1,68%

2009年3月10日火曜日

SHIMANO_DURA-ACE_7900_ST-7900 CN-7900/RD-7900-FD-7900 DURA-ACE BR-7900 Brakes

SHIMANO_DURA-ACE_7900_ST-7900
SHIMANO CN-7900/RD-7900-FD-7900
SHIMANO DURA-ACE BR-7900 Brakes

SHIMANO DURA-ACE BR-7900 Brakesはさらなる線形反応、向上する制動力と減らされた重さは、すべてDURA-ACE BR-7900 Brakesの最新版へと、進みます。



20%も旧型と比べ改善する間、新しいブレーキパッド合成物は制御力を二倍にします。
より薄型ケーブル栓がケーブルのためにより良い線を作製して、ケーブル摩擦を減らす間、強化された線形反応は再設計されたカリパスアーチから来ます。
他のブレーキがバネ緊張調整装置または可調つま先のような賢明な特徴を捨てる間、新しいDURA-ACE BR-7900はまだそれらの特徴を備えて来て、なんとか1一組につきほぼ30グラムを下ろすことができます。

Dura-Ace CN-7900 chainの新しい左右非対称のデザインは、歯車で接触インターフェースを改善して、チェーンリングの上でチェーン吸い込みのためにチャンスを減らすプレートを再設計しました。

関連への他の改善は、より大きな耐久性と生命により少ない雑音とよりスムーズな機能を提供します。DURA-ACE CN-7900は空洞のピンを使います、そして、重さは速い接続/除去リンクの追加でさえ18g以上減少します。従来のHyperglide接続ピンからの離脱、SM-CN79 quicklinkは、再使用できる接続と除去点をチェーンに提供します。quicklinkがどんなシマノ10速チェーンの上ででも使われることができます、そして、新しいチェーンは必要に応じて従来のHyperglide 10-速度接続ピンでつながれることもできます。



Dura-Ace RD-7900は新しい炭素繊維後部滑車ケージで、耐久性を維持していて、パフォーマンスを向上させている間、後部のディレーラはもう16g軽量化してます。新しいデザインはより広い範囲と互換性を持って、最大の28の歯歯車を収容することができます。利用できるより広い範囲は、コンパクトなクランクとのさらにより良い互換性をつくります。



Dura-Ace FD-7900は正面のディレーラは、手で、動いている正面の手入れをする必要を除きます。その上、再設計された、より効率的な広いリンクと最適化された春の緊張は、減少した変動する努力のために組み合わさります。



SHIMANO_DURA-ACE_7900_ST-7900は40グラム以上重さを減らしているうえ、新しいSTI Dual Controlレバーは洗練されたエルゴノミクス形をしています。



最初にSHIMANOと、新しいシフトレバー(ST-7900)は重さを減らす一方向性炭素繊維レバーの刃を提供して、よりなめらかなデザインのためにハンドルテープの下に隠されるシフトケーブルを提供します。
PTFEの並ぶケースに加えて修正された内蔵メカニズムを使って、動くことはこれまでに同程度、まだ軽いです。
DURA-ACE 7900 RD(後部)の変動はより速い交替制のにより20%減りました、そして、変速範囲調整装置はより小さな手でライダーのために合うものを微調整することを考慮に入れます。


シフターはすべての新しいFlightDeckコンピュータ(SC-7900)のために規制を集積して続けます。
そして、それは無線接続によって心拍数、高度、等級、韻律、ギア位置と直接ダウンロード可能なデータを含むために更新されました。新しいSC-7900は、完全に無線です。

Rear Shocks  Weight Weeniesより

Avalanche DHS-2.75" 2003 1192 g 1310 g +9,90% incl. 8.75" steel spring 450lbs/in
Cane Creek AD-5 2002 196 g 6.5" eye to eye with a 1.5" stroke
Cane Creek AD10 ? 267 g
Cane Creek AD10 2001 195 g
Cane Creek AD12 2001 243 g w/o bushings
Cane Creek AD4 1997 160 g
Cane Creek AD5 2002 203 g
Cane Creek Cloud Nine 2002 259 g 165 mm length, w/ bushings
Cane Creek Cloud Nine 2003 276 g 200 mm eye-to-eye, 256 g shock + 20 g reducers
DNM AO-25RC ? 340 g
DNM MM-22AR 2001 560 g
DNM ST8-RC ? 518 g
DNM ST8-RC 2001 348 g w/out spring, 210 mm length
DNM ST8-RC 2003 638 g 195 mm eye-to-eye, incl. spring
DT Swiss HVR 200 2005 192 g 190 g −1,04% 165 mm, w/out bushings, platform system
DT Swiss SSD 190 L 2007 181 g 179 g −1,10% 165 mm
DT Swiss SSD 210 L 2002 218 g 214 g −1,83% 165 mm
DT Swiss SSD 210 L 2002 236 g 165 mm, incl. mounting kit (bushings)
DT Swiss SSD 210 L 2003 237 g 190 mm, w/ bushings (8x48 mm/6x25.4 mm)
DT Swiss SSD 210 L 2004 201 g 202 g +0,50% 152 mm w/out mounting hardware
DT Swiss SSD 210 L 2005 208 g 208 g ±0,00% 165 mm, w/out bushings
Fox Alps 4 (OEM) 1995 293 g Cannondale Super-V specific
Fox Alps 5 ? 314 g
Fox Alps 5R 1998 335 g 145 mm eye-to-eye, w/ or w/out bushings?
Fox DHX 5.0 2005 400 g 409 g +2,25% 190 mm eye-to-eye, incl. bushings, weighs 795 g incl. 500 lbs spring
Fox DHX 5.0 2006 890 g 8.5"/216 mm eye-to-eye, incl. 500 lbs spring
Fox Float AVA R 2003 274 g 269 g −1,82% 6.5" eye-to-eye, 1.5" stroke, w/out bushings
Fox Float AVA R 2003 334 g LENGTH?, w/ bushings
Fox Float AVA RL 2003 355 g 7.785" w/ bushing, w/out mount bolts
Fox Float R 2000 262 g 200 mm eye-to-eye, incl. reducers
Fox Float R ITCH OEM 2003 288 g 195 mm eye-to-eye, from Specialized Enduro Comp
Fox Float R OEM 2002 221 g 165 mm eye-to-eye, from RM Slayer, w/out bushings (+18 g)
Fox Float RC ? 247 g
Fox Float RC 2001 231 g 165 mm, w/out bushings (+14 g)
Fox Float RC 2001 287 g 200 mm eye-to-eye, 50 mm stroke, w/ lock out lever and rebound adj.
Fox Float RL 2001 247 g 6.5 x 1.5
Fox Float RL 2002 233 g 150 mm eye-to-eye incl. reducers
Fox Float RL 2002 241 g 165 mm eye-to-eye, w/ bushings
Fox Float RL 2003 284 g 7.785" w/ bushing, w/out mount bolts
Fox Float RL ProPedal 2004 310 g 7.625" eye-to-eye, w/ lockout and rebound adjust
Fox Float RL ProPedal 2004 265 g threaded for '04 Cannondale Jekyll, w/out trunion mount
Fox Float RP3 2005 195 g 206 g +5,64% 165 mm, w/out bushings
Fox Float RP3 2005 225 g 200 mm (7.8") eye-to-eye, 50.8 mm (2") stroke
Fox Vanilla Air ? 302 g SC/SL - w/ lockout
Fox Vanilla Air ? 266 g w/o lockout, from Racer-X
Fox Vanilla R 2002 538 g 200 mm eye-to-eye, 2.0" stroke, incl. 400 lb. Fox spring & reducers
Fox Vanilla RC 2002 600 g 704 g +17,33% 7.5" eye-to-eye, incl. spring (spring rate?)
Fox vanilla RC 2002 643 g 7.5" eye-to-eye, w/ 450# spring
German:A. Air Force ? 227 g
German:A. Air Force 1 2001 216 g 254 g +17,59% 170 mm eye-to-eye (isn't it 165 mm?)
German:A. ARC ? 500 g
German:A. Morphos ? 294 g Ti spring
MAGURA Odin Plus 2004 318 g 165 mm, w/out shims
Manitou Radium R 2005 265 g 165 mm eye-to-eye, incl. bushings
Manitou Swinger Air SPV 3-Way 2004 275 g 267 g −2,91% 165 mm eye-to-eye, w/o bushings
Manitou Swinger Air SPV 3-Way 2004 305 g 190 mm eye-to-eye, incl. bushings (22.2/24.8 mm)
Manitou Swinger Air SPV 4-Way 2003 465 g 200 mm eye-to-eye, weight w/ bushings
Manitou Swinger Air SPV 4-Way 2004 454 g 190 mm eye-to-eye, 2.0" stroke, w/ bushings
Manitou Swinger Coil SPV 4-Way 2003 939 g 190 mm eye-to-eye, w/ 450 lb spring; incl. bushings
Manitou Swinger Coil SPV 4-Way 2004 1097 g 222 mm eye-to-eye, 2.75" stroke, 450 lbs spring
Onsport Helix Pro ? 485 g
Peak ASR-01 ? 302 g
Peak Spice RC ? 552 g
Progressive Suspension 5th Element (steel spring) 2002 937 g Eye-to-eye 216 mm, 2.5" stroke, 325 spring
Progressive Suspension 5th Element (Ti spring) 2002 790 g Eye-to-eye 216 mm, 2.5" stroke 325 spring
Progressive Suspension 5th Element Air 2003 270 g 7.875" x 2.0", for '03 Superlight, incl. all bushes and reducers, w/out bolts
Progressive Suspension 5th Element Air 2003 252 g fits '03 Blur frame, w/ small fittings/O-rings
Progressive Suspension 5th Element Steel spring 2005 376 g 2.25" stroke, 400#, spring only
Progressive Suspension 5th Element Ti spring 2005 176 g 2.25" stroke, 400#, spring only
Race-Tech RT-3 ? 678 g
Risse Astro 5 ? 321 g
Risse Genesis 2001 230 g w/ mount bushings, for AMP B5
RockShox Deluxe ? 512 g
RockShox SID ? 269 g
RockShox SID XC 2001 255 g 283 g +10,98% 165 mm eye-to-eye, 38 mm travel, w/ bushings for Giant NRS Napa
RockShox SID XC Lockout 2002 264 g 165 mm eye-to-eye, w/ bushings
RockShox SID XC Lockout 2002 255 g 252 g −1,18% 165 mm eye-to-eye, w/out bushings (+14 g)
RockShox SID XC Lockout 2002 299 g 190 mm, w/ bushings (8x48 mm/6x25.4 mm)
RockShox Super Deluxe 1998 580 g incl. bushings for GT LTS (152 mm eye-to-eye?)
Romic D double adjustable 2003 668 g 6.5 x 1.5, 700 lb steel spring
Romic Twin Tube 2002 695 g 6.5 x 1.5, 800 lb spring
Shock Works DD-DH 2001 1102 g 240 mm length
Shock Works NH Series 2001 630 g 165 mm, w/ S550 - 700/58 spring and bushings
Specialized BRAIN 2003 520 g manufactured by Fox
Stratos Helix Expert 2002 486 g 200 mm eye-to-eye, incl. 325 X 2.47 steel spring (264 g) and 8x22 mm bushings
Stratos Helix Pro 2004 480 g 191 mm eye-to-eye, GT of Schwinn trunion mount, w/ GT down bearing and Ti spring
Stratos Strata XC Pro 1997 326 g generally for Trek Y frames, w/ bushings, 6.75 i2i, unsure of year
Sunn Ultralight ? 152 g
X-Fusion 02-RL 2004 270 g 272 g +0,74% 165 mm

2009年3月9日月曜日

SHIMANO DURA-ACE WH-7800 New Model?

UCIのレースに使用できるホイールのルールの文章内に、市販されていないシマノのホイールの名前を見つけた。

http://ddata.over-blog.com/xxxyyy/0/02/72/10/rules.pdf

それは以下の二つ


SHIMANO DURA-ACE WH-7850-C75-TU (12 rayons/spokes)

SHIMANO DURA-ACE WH-7850-C35-TU (16 rayons/spokes)


C○○の数字はリム高を表すので、これでC24,C35,C50,C75といったラインナップになるだろう。

ちょっと探してみたらEURO BIKEでも発表しなかったわりにRABO BANK等で前々から使われていたようでC35と書かれたホイールを使っている写真があった。



SHIMANO WHEELS ホイールラインナップが増えるのを悪く思う人はいないでしょうが、アナウンスがないのはまだ何か問題があったりするのかな。あるいはWH-7850ではなくWH-7900の型番にする予定なのか。 

Suspension Forks  Weight Weeniesより

Acros Mamba FR 145/125/105 mm 2003 1 1/8" 2138 g 2080 g −2,71% incl. stem (124 g), handlebar (145 g), headset (67 g)
Acros Pogona 2001 1 1/8" 1644 g convertible 60-100 mm travel
AMP F-2DH 1994 ? 1228 g has 2 dampers, w/ bosses
AMP F-3 Carbon 1998 ? 1194 g
AMP F-4 1999 ? 1351 g 178 mm steerer, carbon legs and Aluminium tube
Bergman Alice SC 150 mm 2004 1 1/8" 2345 g uncut 280 mm steerer
Bergman Elia's 100 mm Disc 2004 1 1/8" 1375 g uncut 280 mm steerer
Bergman Elia's 100 mm V-brake 2004 1 1/8" 1404 g uncut 280 mm steerer
Bergman Elia's 80 mm Disc 2004 1 1/8" 1352 g uncut 280 mm steerer
Bergman Elia's 80 mm V-brake 2004 1 1/8" 1381 g uncut 280 mm steerer
Bergman Iye Men 170 mm 2004 1 1/8" 2680 g uncut 280 mm steerer
Bergman PJ Over 2001 1 1/8" 1581 g convertible 55-100 mm travel
Concept S 4 ? ? 1789 g
DNM USD 120 2001 1 1/8" 2478 g
DT Swiss XMC 100 29er RTLC 2008 1 1/8" 1620 g 1660 g +2,47% uncut steerer
Fox 36 R 2005 1 1/8" 2360 g uncut Al steerer, w/ 20 mm axle
Fox 36 RC2 2005 1 1/8" 2404 g uncut Al steerer, w/ 20 mm axle
Fox 40 2005 1 1/8" 3084 g uncut steerer, regular crown
Fox F 100 RLT 2005 1 1/8" 1520 g 1613 g +6,12% uncut 265 mm steerer, bossless version
Fox F 100 RLT 2005 1 1/8" 1520 g 1652 g +8,68% uncut 265 mm steerer, version w/ brake bosses and disc tabs
Fox F 100 X 2003 1 1/8" 1654 g 210 mm steerer, w/ bosses
Fox F 100 X 2004 1 1/8" 1637 g cut 210 mm steerer, w/ brake bosses
Fox F 100 X 2004 1 1/8" 1682 g uncut, brake bosses removed, averaged (1660/1704)
Fox F 100 X 2004 1 1/8" 1730 g uncut, w/ brake bosses (1676 g w/o bosses, cut to 210 mm)
Fox F 100 X 2005 1 1/8" 1620 g 1727 g +6,60% uncut 265 mm steerer, w/ brake bosses, averaged (1724/1730)
Fox F 80 RLT 2003 1 1/8" 1573 g 190 mm steerer, w/out bosses
Fox F 80 RLT 2003 1 1/8" 1494 g 1605 g +7,43% uncut (265 mm) w/ bosses, avrg (1597/1605/1613)
Fox F 80 RLT 2004 1 1/8" 1613 g uncut (265 mm), 1573 g w/ 190 mm steerer
Fox F 80 X 2003 1 1/8" 1530 g 1670 g +9,15% uncut (265 mm), avrg (1660/1680)
Fox F 80 X 2004 1 1/8" 1612 g 207 mm steerer, w/out canti studs
Fox F 80 X 2004 1 1/8" 1588 g 1693 g +6,61% uncut (265 mm), w/ bosses
Fox Float 100 R 2002 1 1/8" 1611 g 1747 g +8,44% uncut (265 mm), w/ bosses
Fox Float 100 RL 2002 1 1/8" 1615 g 1721.5 g +6,59% uncut (265 mm), w/ bosses, avrg (1720/1723)
Fox Float 100 RL 2003 1 1/8" 1690 g uncut 265 mm steerer, w/ brake bosses
Fox Float 100 RLC 2003 1 1/8" 1629 g 1695 g +4,05% uncut (265 mm), avrg (1670/1700/1715)
Fox Float 100 RLC 2004 1 1/8" 1680 g 180 mm steerer
Fox Float 100 RLC 2004 1 1/8" 1692 g 260 mm steerer, w/ canti studs
Fox Fork Brake Bosses 2004 ? 23 g pair, standard brake bosses that come on all 2004 Fox forks
Fox Talas R 2003 1 1/8" 1750 g 1780 g +1,71% uncut (265 mm), 210 mm steerer 1760 g
Fox Talas RL 2003 1 1/8" 1755 g 1750 g −0,28% uncut (265 mm)
Fox Talas RL 2005 1 1/8" 1720 g 1780 g +3,49% uncut (265 mm)
Fox Talas RLC 2003 1 1/8" 1768 g 1810 g +2,38% uncut (265 mm)
Fox Vanilla 2005 1 1/8" 1810 g 1922 g +6,19% uncut, 130 mm travel, no-boss disc-only version
Fox Vanilla R 2002 1 1/8" 1930 g 216 mm steerer
Fox Vanilla R 2003 1 1/8" 1840 g 1928 g +4,78% uncut (265 mm)
Fox Vanilla R 2005 1 1/8" 1810 g 1860 g +2,76% uncut (265 mm), 1813 g cut to 195 mm
Fox Vanilla RL 2003 1 1/8" 1850 g 1940 g +4,86% uncut (265 mm)
Fox Vanilla RLC 2002 1 1/8" 1975 g 260 mm steerer
Fox Vanilla RLC 2003 1 1/8" 1922 g 245 mm steerer
Fox Vanilla RLC 2003 1 1/8" 1863 g uncut (265 mm)
FRM Air Wave Carbon 2001 1 1/8" 1120 g
FRM Air-Way 83 Bi-Carbon 2003 1 1/8" 1230 g
FRM Air-Way 83 Full-Carbon 2004 1 1/8" 1130 g 1150 g +1,77% uncut steerer, averaged (1140/1160)
FRM Air-Way Full-Carbon 2003 1 1/8" 1100 g 1253 g +13,91% cut steerer (220 mm)
German:A. Center X ? 1 1/8" 1350 g 1320 g −2,22%
German:A. GA-force kilo 2004 1 1/8" 1260 g version w/ airshock, canti studs and anodization
Girvin Vector 2 1995 1" 1606 g standard steerer tube, not sure model year, non-integrated stem model
HeadShok Fatty D 1999 1 1/2" 1540 g
HeadShok Fatty Ultra 2001 1 1/2" 1225 g
HeadShok Fatty Ultra 2002 1 1/2" 1353 g stock on '02 Scalpel, complete w/ headset bearings, lockout lever & rubber boot
HeadShok Fatty Ultra DL ? 1 1/2" 1250 g
HeadShok Lefty Carbon DLR 2004 1 1/2" 1454 g incl. steerer tube and protective boot
HeadShok Lefty Carbon ELO 2001 1 1/2" 1450 g w/ axle, shock boot, battery, lock-out switch, steerer (120 g solo) and 2 recalls!
HeadShok Lefty Carbon ELO 2002 1 1/2" 1350 g 1294 g −4,15% w/ axle, shock boot, battery, lock-out switch
HeadShok Lefty DLR ? 1 1/2" 1672 g
HeadShok Lefty DLR Titanium 2002 1 1/2" 1690 g 1720 g +1,78%
HeadShok Moto FR ? 1 1/2" 2680 g
HeadShok Super Fatty M 2002 1 1/2" 1640 g w/ shock boot and v-brake post
HeadShok Super Fatty Ultra 80 DLR 2005 1 1/2" 1310 g w/ spacer and lock-out
HeadShok Super Fatty Ultra DLR 80 mm 2006 1 1/2" 1294 g with lower cartridge/fork boot, stock on 1FG
LOOK Fournales LSF 1.2 2001 1 1/8" 1460 g Size L
LOOK Fournales LSF-1 2001 1 1/8" 1340 g 81 mm
LOOK Fournales VTT 2004 1 1/8" 1300 g 1227 g −5,62% Size M (for 137-157 mm long headtubes), w/ v-brake bosses
LOOK LSF 2 ? 1 1/8" 1280 g Size S
LOOK LSF 2 2002 1 1/8" 1300 g 1479 g +13,77% Size M, w/ bosses
MAGURA 2 Stroke S 80 mm 2002 1 1/8" 1960 g 1960 g ±0,00% uncut, w/ brake studs
MAGURA Asgard 100 mm 2004 1 1/8" 1690 g 1652 g −2,25% uncut steerer, FIRM-tech/Disc version
MAGURA Laurin 130 FCR 2008 1 1/8" 1775 g 1778 g +0,17% uncut, w/out remote control
MAGURA O24U 2003 1 1/8" 1690 g 1735 g +2,66% uncut steerer, averaged (1715/1755)
MAGURA Quake Air 2003 1 1/8" 1630 g 1628 g −0,12% uncut, w/ bosses (23 g/pair)
MAGURA Ronin 2004 1 1/8" 1595 g 1708.6 g +7,12% uncut steerer, 80/110 mm travel w/ lockout, averaged (1680/1710/1736)
Manitou Axel Elite 2004 1 1/8" 1905 g
Manitou Axel Super Lockout 2003 1 1/8" 1900 g 1907 g +0,37% 210 mm Aluminium steerer
Manitou Black Comp 80/100 2002 1 1/8" 1859 g 1725 g −7,21% cut steerer, w/out boots
Manitou Black Elite 100/120 2002 1 1/8" 1907 g 1849 g −3,04% 200 mm steerer, avrg (1798,1900)
Manitou Black Elite 80/100 2003 1 1/8" 1860 g 1802 g −3,12% uncut, w/out bosses
Manitou Black Elite Air 2002 1 1/8" 1587 g w/ lock-out
Manitou Black Elite SPV 100 OEM 2004 1 1/8" 1965 g uncut, disc-only, rebound adjustable OEM model
Manitou Black Super 100/120 2003 1 1/8" 1703 g 8.5" cut steerer
Manitou Black Super 80 (OEM) 2004 1 1/8" 1525 g 230 mm steerer, 80 mm travel, w/out bosses
Manitou Dorado DH 2003 1 1/8" 3515 g 3570 g +1,56% uncut, w/ large crown (290 g), thru-axle, all hardware
(+140 g for integrated stem)
Manitou Manitou 3 1993 1 1/8" 1452 g 1455 g +0,21% threaded CrMo steerer
Manitou Mars 2000 1 1/8" 1445 g uncut
Manitou Mars 2001 1 1/8" 1411 g 85 mm travel
Manitou Mars 1 2000 1 1/8" 1438 g
Manitou Mars C 2000 1 1/8" 1342 g
Manitou Mars C 2000 1 1/8" 1316 g 190 mm steerer
Manitou Mars CL 2000 1 1/8" 1260 g
Manitou Mars Comp coil 2002 1 1/8" 1480 g
Manitou Mars Diva 2001 1 1/8" 1430 g
Manitou Mars Elite 2001 1 1/8" 1406 g 1425 g +1,35% 203 mm steerer, Ti bosses
Manitou Mars Elite 2001 1 1/8" 1454.5 g 85 mm travel, averaged (1445/1464)
Manitou Mars Elite 2002 1 1/8" 1408 g 200 mm steerer
Manitou Mars Super 2001 1 1/8" 1465 g
Manitou Mars Super 2002 1 1/8" 1375 g 200 mm steerer
Manitou Mars Super 2002 1 1/8" 1436 g uncut
Manitou Millennium 2000 1 1/8" 1963 g
Manitou Minute 1 2004 1 1/8" 1916 g uncut steerer, brake posts removed
Manitou Minute 1 2004 1 1/8" 1814 g 1889 g +4,13% uncut steerer, w/ v-brake studs
Manitou Minute 1 2004 1 1/8" 1814 g 1852 g +2,09% uncut, disc-only
Manitou Minute 2 100 mm 2004 1 1/8" 1542 g 1660 g +7,65% uncut 265 mm steerer, w/ V-brake hangers
Manitou Minute 2 100 mm 2004 1 1/8" 1609 g uncut, no-boss version
Manitou Minute 2 130 mm 2003 1 1/8" 1633 g 1665 g +1,96% uncut steerer
Manitou Minute 2 130 mm 2004 1 1/8" 1655 g 193 mm steerer tube, w/o tabs and w/ the spyder inside
Manitou Minute 3 2004 1 1/8" 1725 g 1670 g −3,19% 215 mm steerer, no boss fork
Manitou Minute 3 2004 1 1/8" 1725 g 1730 g +0,29% uncut steerer, w/ brake bosses
Manitou Nixon Elite 2005 1 1/8" 2315 g uncut steerer, 20 mm thru-axle
Manitou R7 Platinum 100 mm 2006 1 1/8" 1410 g 1483 g +5,18% disc-only, uncut 265 mm steerer (1447 g @ 192 mm), black
Manitou Sherman Breakout 2003 1.5" 2558 g uncut steerer, incl. thru axle
Manitou Sherman Breakout 2004 1.5" 2540 g 2500 g −1,57% uncut steerer
Manitou Sherman Firefly 20 mm 2003 1 1/8" 2200 g 2250 g +2,27% 220 mm steerer
Manitou Sherman Firefly 20 mm 2004 1 1/8" 2222 g 2451 g +10,31% uncut steerer, w/ 20 mm axle
Manitou Sherman Firefly Plus 2005 1 1/8" 2268 g 2384 g +5,11% uncut steerer (steel), QR axle, 150 mm travel
Manitou SIX 80 mm 2005 1 1/8" 2355 g uncut steerer
Manitou SIX Deluxe 2002 1 1/8" 1496 g 80 mm travel, Coil/MCU
Manitou Skareb Comp 2004 1 1/8" 1540 g 1550 g +0,65% steerer length???
Manitou Skareb Elite 100 mm 2004 1 1/8" 1452 g 1470 g +1,24% uncut, no-boss version
Manitou Skareb Platinum SPV 2004 1 1/8" 1560 g 1551.3 g −0,56% uncut, averaged (1540/1546/1555/1564)
Manitou Skareb Super 2003 1 1/8" 1420 g 1457.6 g +2,65% uncut w/ bosses (18 g/pair), avrg (1450/1460/1463)
Manitou Skareb Super 2003 1 1/8" 1400 g uncut, no-boss edition
Manitou Skareb Super 2004 1 1/8" 1511.3 g uncut, w/ bosses, averaged (1480/1520/1534)
Manitou Skareb Super 100 mm 2004 1 1/8" 1510 g cut 200 mm Al steerer, no boss version
Manitou SX Carbon 1999 1 1/8" 1180 g 1380 g +16,95% uncut (260 mm)
Manitou SX Ti 1998 1 1/8" 1422 g uncut steerer
Manitou SX-R 2001 1 1/8" 1584 g 81 mm travel
Manitou SX-R (tuned) 2001 1 1/8" 1485 g 187 mm steerer, w/ Ti spring from SX-Ti
Manitou SXR 1999 1 1/8" 1445 g 230 mm Al steerer, w/ Englund air kit
Manitou SXR 2000 1 1/8" 1615 g
Manitou SXR 2000 1 1/8" 1662 g uncut
Manitou X-Vert 2000 1 1/8" 1976 g
Manitou X-Vert 2001 1 1/8" 1986 g 109 mm travel
Manitou X-Vert Air 2001 1 1/8" 1709 g 112 mm travel
Manitou X-Vert DC 2000 1 1/8" 2043 g 2237 g +9,50%
Manitou X-Vert Super 2000 1 1/8" 1668 g
Manitou X-Vert Super 2001 1 1/8" 1854 g 105 mm travel
Manitou X-Vert Supernova 2001 1 1/8" 2215 g
Marzocchi 66 RC 150 mm 2005 1 1/8" 3315 g 3277 g −1,15% uncut steerer (reinforced steel)
Marzocchi 66 RC 170 mm 2005 1 1/8" 3345 g 3320 g −0,75% uncut steerer (reinforced steel)
Marzocchi 66 RC2X 2006 1 1/8" 2950 g 3020 g +2,37% uncut steerer
Marzocchi 66 VF 150 mm 2005 1 1/8" 3145 g 3256 g +3,53% uncut steerer (reinforced steel)
Marzocchi 888R 2004 1 1/8" 3298 g 3354 g +1,70% uncut steerer, w/out integrated stem, averaged (3348/3360)
Marzocchi All Mountain 1 2005 1 1/8" 2314 g uncut steerer
Marzocchi Dirt Jumper II 2003 1 1/8" 2270 g 190 mm aluminium steerer
Marzocchi EXR Comp 2003 1 1/8" 2080 g cut 180 mm steerer
Marzocchi Junior T 2003 1 1/8" 3260 g uncut 270 mm steerer, standard drop-outs
Marzocchi Marathon Race 2005 1 1/8" 1578 g uncut steerer
Marzocchi Marathon S 100 mm 2002 1 1/8" 1537.75 g uncut, avrg (1519/1535/1540/1557)
Marzocchi Marathon S 105 mm 2003 1 1/8" 1680 g 1985 g +18,15% uncut (220 mm)
Marzocchi Marathon S 80 mm 2002 1 1/8" 1450 g 1490 g +2,76% 190 mm steerer, w/out bosses
Marzocchi Marathon S 80 mm 2002 1 1/8" 1552 g uncut, w/ canti bosses
Marzocchi Marathon SL 105 mm 2003 1 1/8" 1730 g 1743 g +0,75% uncut, avrg (1720/1750/1760)
Marzocchi Marathon SL 105 mm 2004 1 1/8" 1758 g uncut 275 mm steerer
Marzocchi Marathon SL 29" 85 mm 2003 1 1/8" 2135 g 170 mm steerer, 29"-bigwheel OEM model
Marzocchi Marathon SL 29" 95 mm 2004 1 1/8" 1996 g 2025 g +1,45% ?? mm steerer, 29" OEM model
Marzocchi Marathon SL 85 mm 2003 1 1/8" 1730 g 1730.6 g +0,03% uncut, w/out bosses, averaged (1700/1732/1760)
Marzocchi Marathon SL 85 mm 2004 1 1/8" 1729 g 175 mm steerer, w/out brake bosses
Marzocchi Marathon XC 2005 1 1/8" 1890 g 199 mm steerer, no canti bolts (blind covers only), claimed 1998 g w/ uncut steerer
Marzocchi Monster T 2001 1 1/8" 4170 g 235 mm steerer
Marzocchi Monster T 2003 1 1/8" 5538 g uncut, w/ integrated stem
Marzocchi MX Comp 105 mm 2003 1 1/8" 2250 g uncut 270 mm steerer, w/out brake bosses
Marzocchi MX Comp 85 mm 2003 1 1/8" 2085 g uncut
Marzocchi MX Comp Coil 29" 2003 1 1/8" 2433 g 195 mm steerer, incl. start nut, recommended oil level (40 mm)
Marzocchi MX Comp ETA 2003 1 1/8" 1922 g 1985 g +3,28% uncut, averaged (1955/1965/1970/2050)
Marzocchi MX Comp ETA 2004 1 1/8" 2000 g 1920 g −4,00% uncut steerer
Marzocchi MX Pro 2003 1 1/8" 2015 g 200 mm steerer, 105 mm travel
Marzocchi MX Pro ETA 2003 1 1/8" 1956 g uncut steerer tube w/ bosses
Marzocchi MX Pro ETA 2003 1 1/8" 1940 g uncut, w/out bosses (+45 g)
Marzocchi MX Pro ETA 2004 1 1/8" 1977 g 1972 g −0,25% uncut steerer, 120 mm travel, w/out bosses
Marzocchi MXC Air 2002 1 1/8" 1660 g 1860 g +12,05% cut steerer
Marzocchi MXC ECC 2002 1 1/8" 1703 g 1683 g cut to 205 mm, 1690 cut to 196 mm
Marzocchi MXC ECC 2002 1 1/8" 1580 g 1660 g +5,06% uncut
Marzocchi MXR Air 2002 1 1/8" 1650 g converted from coil
Marzocchi MXR Air 29" 2002 1 1/8" 1680 g 170 mm steerer, 29" fork, 80 mm travel, came stock w/ 1715 g (too much oil)
Marzocchi MXR Coil 2002 1 1/8" 1731 g 200 mm steerer (also weighed 1795 g uncut)
Marzocchi Shiver DH 2001 1 1/8" 3950 g 3859 g −2,30% uncut steerer
Marzocchi Shiver SC 2002 1 1/8" 2435 g incl. 20 mm axle and leg guards
Marzocchi Shiver SC (modified) 2003 1 1/8" 2367 g 8.5" steer, upgraded with ECC, incl. star nut, 20 mm axle and guards
Marzocchi Springs for MXR (red/hard) 2002 ? 76 g switch from coil to air shock saving is 153 g
Marzocchi Z1 1998 1 1/8" 2104 g 190 mm steerer
Marzocchi Z1 CR 2000 1 1/8" 1900 g 1980 g +4,21%
Marzocchi Z1 Drop-Off 2001 1 1/8" 1950 g 1942 g −0,41%
Marzocchi Z1 Drop-Off I 2004 1 1/8" 2408 g uncut steerer, normal dropouts, ETA
Marzocchi Z1 Drop-Off II 2004 1 1/8" 2570 g uncut steerer
Marzocchi Z1 FR 150 2003 1 1/8" 3300 g uncut steerer, incl. thru axle
Marzocchi Z1 FR I ETA 2005 1 1/8" 2604 g 2573 g −1,19% uncut steerer, 20 mm dropouts, incl. axle
Marzocchi Z1 FR SL 2003 1 1/8" 2085 g uncut steerer (270 mm), ECC
Marzocchi Z1 FR SL 2004 1 1/8" 2330 g 2447 g +5,02% uncut steerer, ETA, normal dropouts
Marzocchi Z1 Freeride 2002 1 1/8" 2040 g 2000 g −1,96% uncut steerer
Marzocchi Z1 Freeride ETA 2003 1 1/8" 2446 g uncut Al steerer, normal drop-outs
Marzocchi Z1 MCR 2001 1 1/8" 1950 g 2022 g +3,69% avrg (2014/2030)
Marzocchi Z1 QR 20 2000 1 1/8" 2170 g
Marzocchi Z150 FR QR20Pro 2004 1 1/8" 3204 g 3321 g +3,65% uncut steel steerer (pre-season series)
Marzocchi Z150 FR SL QR20Pro 2004 1 1/8" 2191 g 2430 g +10,91% steerer length?, ECC
Marzocchi Z2 Atom 2000 1 1/8" 1807 g
Marzocchi Z2 Atom Race 2001 1 1/8" 1750 g 1799 g +2,80% 78 mm tavel
Marzocchi Z2 AtomBomb 1999 1 1/8" 1760 g
Marzocchi Z2 BAM 1998 1 1/8" 1790 g 190 mm steerer
Marzocchi Z2 Light 1997 1 1/8" 1720 g 180 mm steerer
Marzocchi Z2 X-Fly 2000 1 1/8" 1595 g
Marzocchi Z2 X-Fly 100 2001 1 1/8" 1650 g 1675 g +1,52% uncut, 100 mm travel, averaged (1660/1667/1698)
Marzocchi Z2 X-Fly 80 2001 1 1/8" 1625 g 80 mm travel
Marzocchi Z2 X-Fly 80 mm 2001 1 1/8" 1650 g 1668 g +1,09% uncut
Marzocchi Z3 100 Coil 2001 1 1/8" 2000 g 1998 g −0,10% 100 mm travel
Marzocchi Z3 BAM 80 2000 1 1/8" 1820 g
Marzocchi Z3 Flylight Air 2000 1 1/8" 1955 g 185 mm steerer
Marzocchi Z3 Flyweight 100 2000 1 1/8" 1990 g
Marzocchi Z3 QR20 1999 1 1/8" 2150 g 100 mm travel
Marzocchi Z4 Flylight 80 mm 2000 1 1/8" 1780 g cut steerer
Marzocchi Z5 Air 80 2001 1 1/8" 1850 g 2057 g +11,19% 218 mm steerer, 78 mm travel
Maverick American DUC Double Crown 2004 1 1/8" 1686 g 1722 g +2,14% uncut steerer, medium size top clamp, w/out stem
Maverick American Fork 150 mm 2003 1 1/8" 1780 g 180 mm steerer, upside down, weight incl. 70 mm intregal stem and crown
Noleen Carbon Crosslink inc. SmartShock ? ? 1747 g w/ steel spring & SmartShock
Noleen Crosslink ELT 1998 ? 1608 g with NR-2 shock
Noleen Mega Air 2001 1 1/8" 1389 g 190 mm steerer
Noleen Mega Air 2001 1 1/8" 1400 g 1413 g +0,93% 215 mm steerer, 100 mm travel
Pace RC150 Monster 1999 1 1/8" 2777 g triple crown, Carbon, 150 mm travel
Pace RC36 Air Force 2 2001 1 1/8" 1336 g 62 mm travel
Pace RC36 Evo 3 2000 1 1/8" 1537 g 70/90 mm travel (default: 90 mm), removable V-Brake mounts
Pace RC36 Pro Class 2001 1 1/8" 1574 g 95 mm travel
Pace RC36 Proclass 2 80/100 mm Carbon/Mag 2001 1 1/8" 1540 g
Pace RC36 Stealth Hollowform, Locked-Out Equipped, Dark 2004 ? 1675 g 1654 g −1,25% 1 1/8", Uncut Steerer, Remote Lock-out model
Pace RC38 Airforce Hollowform LT 2003 1 1/8" 1535 g 1514 g −1,37% 210 mm steerer, w/ Ti-Al-Ni coating, avrg (1520/1550)
Pace RC38 Airforce Hollowform LT Ti-Al-Ni 2003 1 1/8" 1520 g 1550 g +1,97% 210 mm steerer, w/ V-Brake mounts & lockout
Pace RC38 Race Hollowform 2003 1 1/8" 1395 g 1390 g −0,36% 203 mm steerer (=cut), w/ remote lockout fitted
Pace RC39 C-Type 2007 1 1/8" 1380 g 1375 g −0,36% uncut steerer
Pace RC39 XC 2006 1 1/8" 1395 g 1390 g −0,36% uncut 470 mm steerer, w/ remote lockout
Pace RC40 2004 1 1/8" 1785 g 1801 g +0,90% uncut steerer
Pace RC41 Fighter 2006 1 1/8" 1645 g 1650 g +0,30% 220 mm steerer
Peak Carbon UD-2 2001 1 1/8" 2165 g
Peak Carbon XC 2002 1 1/8" 1698 g 200 mm steerer
Proshock E70 2002 ? 1550 g elastomers front suspension
RESET Blue Seal² 2005 ? 12 g 20 g +66,67% per piece, fits all '01 or newer SID, Judy, Psylo models
RockShox Boxxer 2002 1 1/8" 2850 g 2980 g +4,56% 198 mm steerer, complete w/ upper crown and thru-axle
RockShox Boxxer Team 2003 1 1/8" 2880 g 3000 g +4,17% w/out fork crown, add 201 g for <160 mm head tube crown
RockShox Duke Race 2002 1 1/8" 1548 g 200 mm steerer
RockShox Duke Race 2002 1 1/8" 1550 g 1590 g +2,58% 265 mm steerer
RockShox Duke Race 2003 1 1/8" 1700 g 1885 g +10,88% uncut steerer, 100 mm travel, w/ bosses
RockShox Duke Race (tuned) 2003 1 1/8" 1790 g 180 mm steerer, w/out bosses, w/ star nut, Angry Asian PureDamper IFP mod
RockShox Duke SL 2001 1 1/8" 1621 g alloy Steerer
RockShox Duke SL 2002 1 1/8" 1700 g 1730 g +1,76% 205 mm steerer
RockShox Duke SL 2003 1 1/8" 1660 g 1711 g +3,07% 220 mm steerer, incl. brake bosses + star fangled nut
RockShox Duke SL U-Turn 2003 1 1/8" 1870 g 1926 g +2,99% 220 mm steerer
RockShox Duke XC 2003 1 1/8" 1580 g 1670 g +5,70% uncut steerer, 80 mm travel, none U-Turn version
RockShox Duke XC U-Turn 2003 1 1/8" 1900 g 2010 g +5,79%
RockShox Indy C 1997 1 1/8" 1678 g
RockShox Indy SL 1997 1" 1354 g
RockShox Jett Race 2000 ? 1725 g 210 mm steerer
RockShox Judy Boots 1999 ? 37 g pair
RockShox Judy C 1999 1 1/8" 2000 g
RockShox Judy coil spring, red (medium) 1999 ? 77.5 g 165 mm long, for Judy 63/80 mm forks
RockShox Judy Race 2000 1 1/8" 1778 g 220 mm steerer
RockShox Judy Race 2001 1 1/8" 1550 g 1602 g +3,35% 84 mm travel
RockShox Judy SL 1996 1" 1354 g
RockShox Judy SL 1999 1 1/8" 1485 g 1540 g +3,70%
RockShox Judy SL 2000 1 1/8" 1780 g 200 mm steerer, w/out boots
RockShox Judy SL 2001 1 1/8" 1650 g 1678 g +1,70% 99 mm travel
RockShox Judy T2 1998 1 1/8" 1550 g 180 mm steerer
RockShox Judy TT 2002 1 1/8" 2230 g 190 mm steerer
RockShox Judy TT 2002 1 1/8" 2060 g 2298 g +11,55% 212 mm steerer
RockShox Judy XC 1998 ? 1586 g steel steerer
RockShox Judy XC 1999 ? 1640 g alloy steerer
RockShox Judy XC 2000 1 1/8" 2020 g 2076 g +2,77% 211 mm steerer
RockShox Judy XC 2000 1 1/8" 2020 g 1952 g −3,37% ??? steerer length
RockShox Judy XC 2000 1 1/8" 1692 g w/ Total Air upgrade (80 mm)
RockShox Judy XC 2001 1 1/8" 2076 g uncut steel steerer
RockShox Judy XC 2002 1 1/8" 1950 g 2027 g +3,95% 225 mm steerer, 100 mm travel, HydraCoil/AirAssist
RockShox Judy XC (OEM) 1999 1 1/8" 1786 g 203 mm steel steerer, 63 mm travel model
RockShox Mag 21 SL Titanium (tuned) 1994 1 1/8" 1225 g Al steerer, removed canti cable guide
RockShox Pike Team 2005 1 1/8" 2155 g 2232 g +3,57% 200 mm steerer, incl. Maxle thru-axle (140 g), no remote
RockShox Pilot Race 2003 1 1/8" 1400 g 1478 g +5,57% 202 mm steerer, limited series (= SID XC 2001)
RockShox Pilot Race 2003 1 1/8" 1400 g 1525 g +8,93% uncut steerer
RockShox Pilot SL 2003 1 1/8" 1840 g 1829 g −0,60% uncut steerer, weighed with 100 mm travel insert
RockShox Pilot SL 2004 1 1/8" 1884 g uncut steerer, claimed 1755 g for 160 mm steerer
RockShox Pilot XC 2003 1 1/8" 1840 g 1957 g +6,36% 230 mm steerer, w/ star nut
RockShox Psylo Race 2001 1 1/8" 1650 g 1676.5 g +1,61% 100 mm travel, avrg (1673/1680)
RockShox Psylo Race 2002 1 1/8" 1728 g 200 mm steerer, w/out bosses
RockShox Psylo Race 2002 1 1/8" 1680 g 210 mm steerer, 125 mm travel, w/out bosses
RockShox Psylo Race 2003 1 1/8" 1830 g 2060 g +12,57% w/out blackbox lockout
RockShox Psylo Race Tullio 2002 1 1/8" 1908 g uncut, Tullio QR system, disc-only, w/ 84 g axle
RockShox Psylo SL 2001 1 1/8" 1785 g 1860 g +4,20% 235 mm steerer, 98 mm travel
RockShox Psylo SL 2002 1 1/8" 1896 g 200 mm steerer
RockShox Psylo SL U-Turn 2002 1 1/8" 1957 g uncut steerer, avrg (2)
RockShox Psylo SL U-Turn Tullio 2003 1 1/8" 1930 g 2187 g +13,32% w/out bosses, Climb it control
RockShox Psylo XC 2001 1 1/8" 1805 g 1949 g +7,98% 98 mm travel
RockShox Psylo XC Tullio 2001 1 1/8" 1800 g 2070 g +15,00%
RockShox Reba 29" 100 mm Motion Control 2004 1 1/8" 1737 g uncut steerer, '05 pre-release model for '04 Olympics
RockShox Reba Race Dual AIR 2005 1 1/8" 1602 g 1646 g +2,75% uncut steerer, incl. PopLoc remote adjust
RockShox Reba Race U-Turn AIR 2005 1 1/8" 1682 g 180 mm steerer, w/out PopLoc
RockShox Reba SL 29" 80 mm 2005 1 1/8" 1719 g 183 mm steerer
RockShox Reba Team U-Turn AIR 2005 1 1/8" 1665 g 1670 g +0,30% 200 mm steerer
RockShox SID 1998 1 1/8" 1174 g 165 mm steerer
RockShox SID 1998 1 1/8" 1185 g 190 mm steerer
RockShox SID 100 2000 1 1/8" 1497 g
RockShox SID 100 2001 1 1/8" 1450 g 1453 g +0,21%
RockShox SID Race 2000 1 1/8" 1215 g
RockShox SID Race 2000 1 1/8" 1176 g
RockShox SID Race 2001 1 1/8" 1185 g 175 mm steerer, incl. stock canti bosses
RockShox SID Race 2001 1 1/8" 1200.9 g 209 mm steerer, brake studs removed
RockShox SID Race 2001 1 1/8" 1240 g uncut(?)
RockShox SID Race 2002 1 1/8" 1380 g uncut
RockShox SID Race 2003 1 1/8" 1180 g 1354.5 g +14,79% uncut, avrg (1335/1374)
RockShox SID Race 2004 1 1/8" 1280 g 190 mm steerer, canti studs removed
RockShox SID Race 2004 1 1/8" 1335 g uncut, w/ canti studs, claimed 1200 g for 160 mm steerer
RockShox SID Race (modified) 2000 1 1/8" 1186 g 172 mm steerer, SID SL lowers w/ IS2000 tabs and stock canti-bosses
RockShox SID Race (modified) 2001 1 1/8" 1076 g upgraded w/ '02 Carbon crown (168 mm steerer), shaved disc-adapter, re-painted, Ti studs
RockShox SID Race Carbon 2002 1 1/8" 1270 g 187 mm steerer
RockShox SID Race Carbon 2002 1 1/8" 1315 g uncut, avrg (1305/1325)
RockShox SID Race Titanium 2002 1 1/8" 1385 g uncut, (190 mm steerer 1346 g)
RockShox SID SL 1999 1 1/8" 1260 g 195 mm steerer, incl. shock boots
RockShox SID SL 2000 1 1/8" 1250 g 1269 g +1,52% 196 mm steerer
RockShox SID SL 2000 1 1/8" 1250 g 1302 g +4,16% 229 mm steerer
RockShox SID SL 2001 1 1/8" 1337 g 215 mm steerer, w/out canti studs
RockShox SID SL 2002 1 1/8" 1336 g uncut
RockShox SID SL 2002 1 1/8" 1370 g uncut , avrg (1374/1365)
RockShox SID Team 2003 1 1/8" 1355 g 178 mm steerer, w/out remote lock out, w/out bosses
RockShox SID Team 2003 1 1/8" 1417.5 g uncut, w/out remote lockout, avrg (1410/1425)
RockShox SID Team 2004 1 1/8" 1301 g 1404.5 g +7,96% uncut steerer, remote control removed (+ 75 g), averaged (1399/1410)
RockShox SID Team 2004 1 1/8" 1440 g uncut steerer, w/ remote control
RockShox SID Team Remote Control 2003 1 1/8" 1370 g 1438 g +4,96% remote control w/ Nokon Konkavex cable
RockShox SID World Cup 2003 1 1/8" 1346.5 g uncut, w/out remote lockout (+70 g), averaged (1345/1348)
RockShox SID World Cup 2004 1 1/8" 1296 g cut 185 mm steerer, w/out remote control, brake studs removed
RockShox SID World Cup 2004 1 1/8" 1370 g cut 190 mm steerer, w/ remote control w/ Nokon cables
RockShox SID World Cup 2004 1 1/8" 1230 g 1330 g +8,13% uncut, w/ Ti bosses, w/out remote lockout
RockShox SID World Cup 2005 1 1/8" 1299 g 1329 g +2,31% uncut 265 mm steerer, +55 g for PopLoc remote
RockShox SID World Cup (modified) 2003 1 1/8" 1328 g 195 mm steerer, SID Team lowers
RockShox SID World Cup Custom 2004 1 1/8" 1176 g 240 mm steerer, w/ sealed cartridge (63 mm only)
RockShox SID XC 1999 1 1/8" 1375 g
RockShox SID XC 2000 1 1/8" 1359 g
RockShox SID XC 2000 1 1/8" 1414 g OEM, 215 mm steerer, w/ SFN
RockShox SID XC 2001 1 1/8" 1436 g 82 mm travel
RockShox SIDney 2000 1 1/8" 1300 g 1210 g −6,92% 210 mm steerer, w/out lockout, w/ star nut
RockShox Specialized Future Shock FSX 1994 1 1/8" 1247 g cut 7.25" steerer
RockShox World Cup alu 2003 ? 1450 g 1400 g −3,45% alu crown, no pivot + alu bolts
Rond-Magura 2-Stroke 2001 1 1/8" 1847 g 112 mm travel
Rond-Magura CP 105 2001 1 1/8" 1759 g 105 mm travel
Rond-Magura CP 110 2001 1 1/8" 1812 g uncut (260 mm)
Rond-Magura CP 75 1999 1 1/8" 1736 g uncut
Rond-Magura CP 75 2000 1 1/8" 1706 g 180 mm steerer
Rond-Magura O24U 2001 1 1/8" 1551 g convertible 80-100 mm travel
Rond-Magura Quake Air 2001 1 1/8" 1483 g 81 mm travel
Rond-Magura Quake Air FIRMtech 2001 1 1/8" 1750 g w/ HS33 brakelever
Rond-Magura Quake coil spring, medium 1999 ? 73.5 g 17 cm long, for Quake 100/105 mm forks
Rond-Magura Quake Sport 105 1998 1 1/8" 1798 g 215 mm steerer, 80 mm real travel
RST 381 EL 2000 1 1/8" 2150 g cut
RST 461 1998 ? 1700 g 1700 g ±0,00% single crown
RST Aerosa AT 2001 1 1/8" 1385 g 1640 g +18,41% 200 mm steerer
RST Aerosa BAS 2001 1 1/8" 1300 g 1601 g +23,15% 85 mm travel
RST CAPA C4 2004 1" 2210 g uncut steerer, 3" (76 mm) travel version
RST Delta XL ? ? 2626 g
RST Mozo Pro 1998 1 1/8" 1800 g 1797 g −0,17% 183 mm steel steerer
RST Mozo Pro 1999 1 1/8" 1800 g 1830 g +1,67% 90 mm travel
RST XMO 2001 1 1/8" 1361 g 1501 g +10,29% uncut, w/ boots
RST XMO 2002 1 1/8" 1477 g 210 mm steerer
RST XMO Ti ? 1 1/8" 1385 g
Shockworks Sky 130 2001 1 1/8" 2129 g
Shockworks TSR 125 2001 1 1/8" 1986 g
SR Suntour SF-Axon-E LO 2004 1 1/8" 1953 g uncut 255 mm steerer, 100 mm travel, w/out I.C.E remote control, black
SR Suntour XC-PRO-SE 2003 1 1/8" 1900 g 230 mm steerer, 84 mm travel (100 mm claimed)
Suntour MG-92 ? ? 1930 g
Suntour NCX-E 2002 1 1/8" 1464 g uncut
Suntour ULR 2001 1 1/8" 1675 g 80 mm travel
USE S.U.B. 2003 1 1/8" 1950 g uncut, w/ Ring-O-Star, skewer + hub, comparable weight to std. fork ~1725 g
Votec GS 4 Air Plus Carbon 2002 1 1/8" 1578 g
Votec GS 4 OS ? 1 1/8" 2512 g
Votec GS-4 Air Plus 2001 1 1/8" 1932 g 97 mm travel
White Bros. AT4 2001 1 1/8" 1488 g
White Bros. BW .8 (for 29" wheels) 2003 1 1/8" 1605 g uncut, w/out supplied Ti bosses
White Bros. BW .8 (for 29" wheels) 2005 1 1/8" 1542 g 1665 g +7,98% uncut, w/out supplied Ti bosses
White Bros. SC 92 UL ? ? 1589 g
White Bros. VT 1.3 2003 1 1/8" 1740 g cut steerer, no brake bosses
White Bros. VT 1.3 (20 mm thru-axle version) 2004 1 1/8" 1814 g 1831 g +0,94% uncut steerer, incl. 20 mm axle
White Bros. XC 0.8 2003 1 1/8" 1530.5 g uncut, w/out supplied Ti bosses, averaged (1525/1536)
White Bros. XC 1.0 2003 1 1/8" 1600 g uncut, w/out supplied Ti bosses, averaged (1585/1615)